HOME / 高知のオススメ観光スポット / 【津野町・体験】たった、1500円で2つもオリジナルコップ&皿が作れる焼物工房が高知県にあったよ!
【津野町・体験】たった、1500円で2つもオリジナルコップ&皿が作れる焼物工房が高知県にあったよ!

2016.01.23

自分手作りの陶器でお酒飲んだり、ご飯食べたりしたくなることってありますよね!

今回は高知県津野町にある焼物工房へ行ってきました。

超破格の1,500円!?

DSC05608

さて、僕が今回来たのは高知県津野町にある焼物工房です!

ここの素晴らしいのは何と言っても体験と材料費込みでなんと1500円という破格の値段。

普通に手作りの陶器買う値段より安いのに自分たちで作ったものまで焼いて送ってくれるというからびっくり。(送料は別途着払いで請求されます。)
 

DSC05647

団体でもこれるほどの広い施設で20名ほどまでなら余裕で入れそうです!

そして、焼物を教えてくれるのは津野町に住む地元の人たちというのも魅力的ですね〜
 

DSC05611

これは地元の先生の作品だそうで、味があるし本格的です。

頑張ればこんな作品もできるんだとか!頑張ろう。

実践!ろくろを使った焼物づくり。

DSC05615

さて、焼物づくりのスタートはこんな感じの粘土をこねるところから!
 

DSC05646

工程はこんな感じ。

うん、見てもわかりませんね。笑
 

DSC05620

大丈夫です。地元の先生が丁寧に教えてくれます。
 

DSC05610

まずは、自分がどんなものを作りたいかをサンプルを見て選びます。

僕は長細いお酒が飲めるコップを作ることにしました!
 

DSC05622

まずは、粘土の塊の3分の1ほどをコップの底用に平らにしていきます。

これを土台にして、
 

DSC05623

残りの粘土を紐状にして重ねていきます。

うーん!現段階では粘土遊びしてるみたいな感じ!
 

DSC05624

そして、どんどん重ねていくとなんとなくコップらしくなってきます。

ここからが少し難しいんです。
 

DSC05626

手で優しく包み込むように、コップの縁を薄く伸ばしていくようにします。

僕は数回ぐちゃっとしてしまったりなんだかかんだか乗り越えてやっと、
 

DSC05628

それらしい形が出来てきました。
 

DSC05632

ここからはいろんな道具とかつかったり、ろくろを回して綺麗に整えていきます。

すこし水をつけて回しながら整えていくと、
 

DSC05633

表面の艶も出てきて、それらしい形に!
 

DSC05636

あとは、すこし個性を出して完成!

結局そんなこんなで2つのコップをつくりました。
 

DSC05644

こちらはコーヒー用のマグカップにする予定です。

ここまでの作業でだいたい2時間くらいかけてつくります。

作業が慣れて早い人は3つくらい作ってもいいんだとか!お得すぎる。。。
 

DSC05643

作業中も楽しすぎて、カメラ無視。

いや〜つくづくこれで1500円は破格だな〜

たぶん、ここ1年に3回ぐらい通うとおもいます。笑

このあとの工程は地元の先生たちがやってくれて、だいたい1ヶ月ほどで届けてくれるそうです!

今から、届くのが待ち遠しすぎます。

ここはマジで穴場ですね!

近くの道の駅の飯も最高。

DSC05650

体験したあとは、お腹すきますよね〜

近くの道の駅布施ヶ坂の飯がうまいと先生に教えてもらったので、行ってみたんですが…
 

DSC05652

津野町産の和牛をチャーシューにしたラーメン。

これはマジで絶品。最高。

こんな豪快にチャーシュー乗せてるのに値段は980円!

これも破格です。
 

DSC05654

四万十川で採れたアマゴをつかったアマゴ定食もこんながっつりなのに、値段は830円。

いや〜アマゴとか入っててこの値段は他にはないですよ!

津野町は価格破壊の専門家でも雇ってんですかね〜笑

他にも四国カルストとか、満天の星とかいろいろスポットあるので、次回はガッツリ1日津野町ツアーでもしようかな〜と思ってます。

来年は奥四万十博も始まるので、いろいろイベントも目白押しでしょうね〜

では、高知県でお待ちしています!

おすすめ記事

「本当にお酒に強い?」9種類のパターンに分類し検査してくれる遺伝子検査をやってみた結果…

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件

このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから