ダイバーは海を耕す仕事。高知のダイビングスポット柏島のAQUASがおすすめ

2015.09.08

サラリーマンで月10万円稼ぐ方法

さて、先日行ってきた大月町のレポートです。
 

DSC01789

先ずはダイビングスポットのメッカである柏島でダイビングを生業にしている方の話を伺ったので、それを紹介しようと思います!

ダイビングサービス AQUAS

柏島には大小14箇所ほどのダイビングショップがあるそうなのですが、今回はその中の一つ、AQUASへ行ってきました!
 

DSC01690

2014年に新店舗をオープンされたそうで、外観も中もとても綺麗!
 

DSC01699

なんと、宿泊できるスペースも完備!すげえ!
 

DSC01698

階段を上っていくと、
 

DSC01700

Barカウンターみたいなところが!

ダバダ火振りが置いてある…気になる…笑
 

DSC01710

テラスには、座る用のハンモックが置いてあって、なんだかテンション上がってしまい、揺られてしまいました〜

宿泊もできるってのがアツいですよね!

代表の松野さんにお話を伺った!

DSC01717

松野さんはIターンでこちらに来られたということなのですが、いつから来られたんですか?

僕はもともとダイビングショップで働いていて、ダイバーとしてお客さんと一緒に世界中の海を潜ってきました。それで、移住を決めて、こっちにきたのが2000年です。もう、15年になりますね。

なぜ柏島だったんですか?

世界中のいろんな海を潜ってきたけど、柏島の海が一番綺麗だったんですよ。そして、柏島の海には淡水魚も海水魚も両方いて、魚類数で言うと世界トップレベルの1300種以上のお魚天国なんです。僕もこっちに来てから新種の魚を見つけて名前をつけたこともあります。年々、新しい種が見つかっているんです。

移住した当初は地元の方の反応はいかがでしたか?

正直いいとは言えませんでしたね。その当時はダイビングショップも5〜6件しか無かったし、新しい人が来ることに慣れていないのか、いじめられました。でも、台風の時とかに協力しあったり、いろんな場面でコミュニケーションをとっていきました。そしたら徐々に心を開いてくれて、今では何にも問題なく暮らしています。

現在の課題はなんだと思いますか?

やっぱり人ですね。ほら、遠いじゃないですかここ。まあ、なかなか来ようと思ってこないと来れない場所なんですね。だからこそ、来てくれた人には最大限楽しんで帰ってもらいたいし、ちょっと長めに滞在してもらいたいと思うんです。だけど、それをサポートする人材と人手は十分でないのが現状ですね。海で泳ぐのは5割であとは街を案内したり、ビーチに行ったり、そんなこともしてるんですね。

ダイバーとはどんな仕事ですか?

私は、”海を耕す”仕事だと思っています。ダイバーが海に潜ることで、海の異変にいち早く気づくことができるんです。例えばサンゴを食べてしまう貝が大量発生しているとか、そんなことは海に潜らないとわからないんですね。農家の人が畑を耕すのと同じで、私たちは海を耕すことをやっているのだと思います。まあ、もとより、海が大好きなんでね。

海を耕す仕事か〜

海で楽しませてもらっているだけではなくて、海を知って、海の中の環境変化にもいち早く気がつくことができる。そうして、この柏島の綺麗な海が保たれていると言っても過言ではないですね!

とても面白い話が聞けました!
 

高知県に移住したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください!

海へぴょ〜ん

DSC01730

時間的に、ダイビングまではできなかったのですが、近くの海に行ってシュノーケリングをやらせてもらうことに!
 

DSC01731

ゴーグルとシュノーケルをきっちりと装着して、
 

DSC01737

ダ〜〜〜イブ!!!
 

DSC01747

いや〜水中カメラがないのが残念ですが、本当綺麗な海の中で、色とりどりの魚たちが暴れていました!

浅瀬でこのレベルなら、沖行ったらどんなことになるのか…

想像しただけで楽しみになってきますね〜

次回はダイビングしに来ようと思います!

僕も海を耕したい…笑

ありがとうございました〜〜〜

AQUASのダイビング、宿泊のご予約はこちら

SNSでも発信しています!



SIMフリーならDMM.comがオススメ!




人気記事はこちら!

大企業に入って人生を捨てる代わりに安定収入を得るか、自分の人生送るために不安定な収入で頑張るか

最近の記事はこちら!

世界レベルの魚類数を誇る高知県柏島はマジですごかったよ

こどもにも、大人にも秘密基地って素晴らしいもの。ツリーハウスを通してみる地域のこれから





サラリーマンで月10万円稼ぐ方法

このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから