HOME / だいちハウス体験記 / 【だいちハウス】わたし、恋しちゃいました。
【だいちハウス】わたし、恋しちゃいました。

2016.04.05

だいちハウスにプチ移住してから6日目。

わたし、恋をしてしまいました

 

・・・・・・そう、薪風呂に。!!!!!!
 

わたしはもう、普通のお風呂には戻れませんッ。

 

そうそう、わたしは今、高知県の本山町・標高700mに位置するだいちハウスに一ヶ月間、プチ移住をしているわけですが!

【詳細はこちら!→モラトリアム女子、プチ田舎移住しちゃいます!

 

NewImage

(玄関から見える景色がこれです。だいちハウスおそるべし。)

 

お風呂を湧かすまでが、純粋にたのしすぎる

薪風呂なので、もちろん薪をくべるわけですよ。
 

NewImage

こうやってネ。

だいたいお風呂のお湯が暖かくなるまで、約1時間(冬場は2時間)くらいかかるんですね。

わたしが教えてもらった薪の焼べ方はこんな感じです!

 

①まず、着火しやすい杉の葉を(乾燥したものを選ぶ)プチっとちぎりとってきます。火は、マッチかバーナーで着けます。

NewImage

②杉の葉の上に、燃えやすい薪(樹皮がついている薄い薪など)を数本入れて、火が燃え移るように酸素を送ります。
 

③そうすると、だんだん火がつよくなってくるので普通のサイズの薪も入れていき、ふたたび酸素を送ります。

NewImage

※空気の入れ方としてポイントは、「細く、長く」、継続的に空気をフーーーーーーと入れ続けること!だいたい五分くらい吹き続けていたら全体に火がまわってきます。

④写真のように、全体に火がまわったと思ったら、ふたをして5〜10分ほど放置します。

NewImage

⑤お湯の温度を確認しながら、5〜10分間隔で薪をたしていくのを繰り返します

と、このように結構手間がかかるんです。

けどこれが全然苦じゃないのには、自分でも驚きです。

「まだ6日しかやってないからだよ!」と思う人もいるかもしれませんが。
 

炎ってすごく癒しの効果があります。写真でも伝わると思うのですが、今まで火がこんなに綺麗なこと、知りませんでした。
目の前で「パチパチっ」と音を立てながら燃えさかる炎を見ていると、余計なことを考えなくなります。

あと、自分でお湯を温めているという実感がわく、というのがなんとも良いです。

わたしは今まで家のガス式のお風呂しか入ってこなかったのですが、ボタンを「ポチっ」っと押すだけでお湯がでてきて、お風呂のしくみなんて全然考えてたことなかったんですよね。
そこにすごく違和感を感じていました。

自分で温めたお風呂に入るのは最高だし、自然の摂理に反していないのを感じて気持ちがものすごくいいのです。

 

プチ銭湯気分が毎日味わえる!

だいちハウスのお風呂は、こんな感じで家の外につくられているのですが、

これがまた毎回お風呂タイムを特別な時間にしてくれるのです。

NewImage

早速覗いてみましょう。

NewImage

チラッ

NewImage

杉の木でつくられた小屋が、お風呂になっています。

お風呂の荷物をもって、プチ銭湯気分です。

楽しいし、一人だけの時間感がすごくて、気持ちが切り替えられます。

カラダの芯からあたたまる、というのは本当だった

NewImage

引用:なぜ、薪風呂に入ると「ホット」な気持ちになれるのか ー自由になったサル

だいちハウスの主である矢野大地さんもブログの中で書かれていますが、これ、本当でした。

初めて入って思ったのが「カラダの暖まり方が、ガス風呂とは全然ちがう。。。」ということ。

なんというか、カラダの内側に暖かさがじーんと届く様な感覚なんですよね。
カラダの疲れの取れ方も、もちろん変わってきます。

毎日、お風呂に入るのが本当に楽しみな今日このごろ。

まとめ

読んでもらったとおり、総合的に最高だったわけです。

だいちハウスにきて思ったのが、わたしたちにとって、
自然の恩恵を素直にうけとることが、一番豊かだ」ということ。

しかも、カラダは知っているんですよね。

お風呂ひとつをとっても、「お風呂を温めているエネルギーはどこからきているのか」実感できないまま育つのは、怖すぎるなあと思います。

都市での生活は便利だけど、その分「人間として生きのびる知恵」という大きな財産を失っていますよね。

 

もう、満員電車に乗って帰ってシャワーでお風呂を済ますだけの生活には、もう戻れないですよ!

薪風呂さいこー!

モラッ!

 (by モラトリアム女子

急に田舎暮らし体験したいと長期できた奈々さんですが、日に日に田舎スキルが著しく向上していてびっくりしています。

地元では実家暮らしで、オール電化な生活だったらしく、真逆の生活はどうかな〜と思っていたのですが、楽しんでるみたいでよかった!

もっとパワーアップして帰ってもらいますよ。

(by 自由になったサル

おすすめ記事

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件

このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから