HOME / だいちハウス / モテない男子へ。田舎で1年ぐらい修行したら、今より100倍モテるようになるよ!
モテない男子へ。田舎で1年ぐらい修行したら、今より100倍モテるようになるよ!

2017.05.03

こんにちは!自由になったサル(@123Vaal)です。

 

さて、男の子たち。

 

君はモテたいか?

 

モテたいだろ?

 

そうだろ?そうだろ???モテたいんだろ?

 

モテるためならなんでもするんだろ?

 

おい!こら、ごまかすな。

 

モテたいなら、モテたいといえ!素直になれ。

 

うん、僕はモテたい。モテるためならなんでもする。うん、たぶん、僕はモテるために生きているのだと思う。

 

 

はい、ということで、今回は”モテる”ということにフォーカスして考えを述べようと思います。

モテるために田舎へ移住がこれから流行るんじゃね?

と、安易に考えたことをTwitterでつぶやくと、地味〜に盛り上がりました。

これって、あると思うんですよね。本当に!

実際に見てください。こちらの全国の美しい女性たちからのリプ。

どうですか?どうですか?地方移住したくなってきちゃったでしょ〜メンズたち!笑

モテるってどういうこと?

とまあ、上記で「モテるために田舎移住」なんて書いちゃってますが、田舎へ移住すれば自動的にモテるって話ではないのでご注意ください。

こんなリプも実際にありましたしね。

そうではなくってですね。「モテる」ってのは何かってことなんですよ。

まあ、一般的には、

・外見(イケメン、背が高いなど)

・性格がいい(気がきく、ジェントルマン)

・お金持ってる?

って感じですよね?

 

そうなんですよ、やっぱりモテるのは生まれてきたときに全てが決まってしまっている……もう、我々には希望はない…

 

いいや!諦めないで。

 

実は、モテる要素はもっといっぱいあって、僕のここ最近の感覚で1番モテる要素は「安心感」「余裕」だと思うんですよ。

実は、それをしっかり持っている人はちゃんと「モテる」要素を持っています。

それをこの田舎では鍛えることができるということで、上記で言っている「モテるために田舎移住」という考えになたわけなんです。

田舎で生活していく中で鍛えられる、「安心感」と「余裕」

NewImage

例えば、1つ例を出すと、僕のような山奥で暮らす人にとっては「薪割り」ってとても大事なスキルなわけです。

薪を割ることができないと、風呂も沸かせないし、ご飯も炊けません。(※結構極端な田舎暮らし)

でもね、これ、すげーうまく「パッカーン」って割るだけでなんか知らないけどモテるんです。笑

あ、これは超極端な例なんですが、例えば、チェーンソーを使って、大きな木を伐り倒せる技術をもってるだけでモテるなんてこともあります。

 

というのもこんなスキルをもってるひとってなかなかいないですよね?特に都会に出て、周りを全て他者がお金で解決してくれる環境にあるようなひとにとって、こうしたスキルを持って生きていける能力があるというだけで、とてつもない「安心感」と「余裕」を感じるんだと思うんですよね。

そうそう、田舎に住んでいても家のなかでパソコンをつついているだけの生活をしていても難しいと思うけど、山に繰り出して、自分の想像もできないことをやってのけるひとを見ると、ひとは自然と惹かれいくものなんです。

そこに「安心感」や「余裕」を感じるひとは少なからずいるからなんですよね。

さあ、もてないメンズたち、田舎で鍛えよう。「モテスキル」を!笑

まとめ

IMG 7604

モテたい。

 

どんな男の子のこでも一度は考えたことがあることだと思います。

そんな要素は実は都会でオシャレなファッションをするだけではないってことを知ってもらいたいんです。

実は、「オレ、チェーンソーであの木を伐り倒せるんだぜ!」、「あ〜こんにゃくね。あーして、こうすれば美味しいよ!あ、今度つくておくってあげようか?」みたいなこともモテる要素になるんですよ。

 

「モテるために田舎へ移住。」

これから、はやらせていきたい言葉です。笑

 

こんな感じで、ゆるーく。自分のいきたい環境を決めていければいいですよね!





おすすめ記事

サラリーマンをしながらでも、ブログで月に10万円を稼げる方法

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件



このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから