HOME / 一言コラム / 【一言コラム】田舎に住み始めて一番良かったのは「薪割り」ができるようになったこと
【一言コラム】田舎に住み始めて一番良かったのは「薪割り」ができるようになったこと

2017.04.26

どうも、自由になったサル(@123Vaal)です。

本日の一言コラムです。

僕の日々考えていることから、気になっていること、日記風にさっと読めるブログを書いていきますので、よかったらお付き合いください。

「薪割り」で心身のメンテナンスをすることができる

ほんと、だいちハウス(@daichi_house)へ住み始めて、できるようになったことで一番良かったのは確実に「薪割り」ですね。

普通、薪割りってきくと、なんか重労働で大変なイメージとかがあるきがしますし、実際もそうなんですが、それよりも薪割りを日々の生活に取り入れることで一番良かったのが「心身のメンテナンス」ができるってところですね。

メンテナンスといっても、薪割りをすることで整えるというよりかは、薪割りをすることで「気づく」ことができるんです。

 

身体的な面で言えば、薪割りはほとんど力を使わずに割れるようになりますが、体の使い方やフォームの固定などはほんとスポーツに似てるなと思います。だから、スポーツが得意な人は薪割りも得意な傾向にあります。

ということは、例えばスポーツでも「あ、今日は調子悪いな」って思う時とかありますよね。薪割りにもそんな感覚があるんです。自分が狙った木目になかなか斧が落ちていかないとかね。笑

そこで、「あ〜自分疲れてるのかな」とか、「右足かばっちゃってるな」とかがわかるんですよね。

で、実際にどうするかを考えられるわけです。

 

また、精神面でも同じことが言えます。

精神的に病んでいる状態の時にはやっぱりうまく割れないことが多かったりします。でも、割っていけば、割っていくほど、体と心が一致しようとする力が働いて、綺麗に割れた時の「スッキリ」するような感覚と共に心を癒してくれる効果がありますね。

ちなみに、これはうまく割れるようになればなるほど、「精神統一」に近づけられる効果があるなと思います!

 

まあ、日々の生活の中でうまくいかないこと、困っていること、悩みなんかは絶えないけれど、こうした生活の中に心身を整えることのできる場所があるのはとっても大事だなといつも思いますね。

あ〜しみじみ、こういう環境にすみはじめてよかった〜。

さて、明日も元気良く薪わろっと!では〜〜

前のコラム
【一言コラム】明日は6人の人に「今、僕のしたいこと」を話す




おすすめ記事

サラリーマンをしながらでも、ブログで月に10万円を稼げる方法

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件



このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから