HOME / 未分類 / #MacBookおじさん が象徴する現代社会の若者が生きる道
#MacBookおじさん が象徴する現代社会の若者が生きる道

2017.07.27

どうも、自由になったサル(@123Vaal)です。

いや〜なんて素晴らしい時代になったのでしょうか。

 

最近、ブログ・アフィリエイトなどで稼ぎを立てている人イケダハヤトさん、やぎぺーさんらがこれから何かに挑戦したいけど、お金がなくてパソコン(MacBookPro)を買えない若者にMacBookProを買ってあげる #MacBookおじさん というキャンペーンが始まっています。

《イケダハヤトさんのTweet》

《やぎぺーさんのTweet》

 

そして、続々と増える #MacBookおじさん

 

(2017/7/27 現在)

どんなキャンペーンなのか?

ほんと、そのままです。

いわゆる「あしながおじさん」をモジって、「MacBookおじさん」

そう、そのままです。

みなさん、募集条件設定は違えど、”若者でMacBookがあれば、何か面白いことができる!!!”みたいな人たちに投資をするようなイメージだと考えてもらえればいいと思います。

なんとサイトまで!!!!

イケダハヤトさんのこのつぶやきに早々にのっかた人が、なんとサイトまで作ってしまうというオチ!

すごい。

たった2日でここまでの動きがw

若者たちよ、”情熱”と”やる気”と”勇気”があれば挑戦していくことのできる世の中になるぞ!

僕が大学時代、たった10万円のお金を得るためでさえ、必死に働いて、汗を流した。

企業からお金をもらうのでさえ、足を運び、プレゼンし、想いだけではいけないことを思い知らされた。

様々な財団から助成金などをとるためにも、何層もの壁を乗り越え、頂点に立たなければダメだった。

 

そんな普通に想いを持って、情熱を持って、何かに突き進むだけでは世の中生きていくことはできないということを思い知らされた経験でした。

でも、今の時代はクラウドファンディングや最近リリースされたVALUなどの仕組み、そして、お金に余裕のある人が個の若者へ支援することができる時代になってきたんです。

ほんとに僕が大学生だった数年前は考えられないことが起こる時代になってきたんです。

 

ちょっと勇気出して、自分の現状を変えようと振りしぼって選択した道がこれからの人生を大きく変える一歩になる可能性がより高くなる時代になってきたんです。

彼なんかもその典型的な例。

高校卒業し、進路を見失い、これからどう生きていったらいいのかわならなくなり、僕の運営するだいちハウスへ流れ込んできました。

そして、一歩踏み出したことにより、MacBookProという次のステージへ行くために必要な武器を手にいれたんです。

自分で足を運べ、チャレンジできるこれからの人生に希望のある若者にMacBookProをプレゼントしたイケダハヤトさんの気持ちはほんとによくわかります。

僕はお金はないので、知識や経験という投資を彼にしていこうと思います。

 

そんな若者のこれからの人生を個で応援できる仕組みがどんどんできていけば、ほんとにいい社会になるのにな。

もっと多様な生き方に挑戦していく若者が増えて行く

こうした流れは、たぶん珍しいことではなく、これからロボットに仕事が奪われていくと言われる時代だからこそ、若者の生き方はもっともっと多様化してくるでしょうね。

それぞれが自分の生き方を選択し、選択が難しい場合には社会的なサポート(#MacBookおじさんみたい)が受けられるようになっていく。

より時間というものに対する価値観も大きく変わり、長い時間を使うことが価値ではなくなる時代が必ず来る(時間をかけることに価値があることももちろんある)。

そんな時代に若者がどんな風に自分の生きる道を作り、社会を築いていくのだろうか。

僕はこの「#MacBookおじさん」キャンペーンからそんな風な社会の変化と希望を感じました!

 

さて、このキャンペーンがただのばらまきになってしまうのか…

これがSEED(たね)になって、何かを形にする若者が現れるのか…

楽しみですね!

 

さあ、挑戦したい若者よ!MacBookおじさんにアタックだ!!!!!

→ #MacBookおじさん

合わせて読みたい

【完全版・VALUの始め方】サルでもわかる!今話題の「VALU」登録から運営までを教えるよ





おすすめ記事

サラリーマンをしながらでも、ブログで月に10万円を稼げる方法

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件



このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから