HOME / だいちハウス体験記 / 【だいちハウス体験記・大阪チャリ高校生】ただただ、普段と違った生活がしたくて
【だいちハウス体験記・大阪チャリ高校生】ただただ、普段と違った生活がしたくて

2017.03.03

こんにちは!

今回のだいちハウス体験記はなんと、大阪からわざわざチャリで訪れた高校生のえもさん(@hirron3が書いてくれています。

高校生はどんな風に感じてくれたのだろう。

以下、大阪からチャリでだいちハウスへ訪れた高校生の体験記です。

普段できないことをしたかった!

P2090134
はじめまして!大阪からママチャリでだいちハウスまで来た、えもさん(@hirron3)です。

※神戸-高松間はフェリーを使いました。

高3の春休み。おかげさまで早く進路の決まっていた私は、家でダラダラと無駄に過ごすのはもったいないな〜と思っていました。

中学の頃から自転車でいろんなところへ行くのが好きだった私は、せっかくならちょっと遠くで行くのもありだな〜と思っていて、”普段と違った体験をしたいな〜”という想いもあり、ブログでよく読んでいた矢野さんの住む「だいちハウス」に行ってみたいと思ったんです!

そこで、Twitter上で矢野さん(@123Vaalに連絡をして、オンラインでちょっと話をして、実際に行くことになったわけです。

だいちハウスって??

DSC04135

標高約650mの場所に位置している矢野大地さんの自宅兼、コミュニティスペースで周りは見渡す限り大自然が広がっており、まさに陸の孤島!

ここには、1年間でのべ850人の方が訪れたらしいのですが、実際に行ってみるとそのわけがわかります。

実際、そんな陸の孤島みたいな、だいちハウスは車で15分もあれば街まで行く事ができるし、街中にはスーパーやコンビニ、ホームセンターなどもあり、大自然に囲まれながらも意外と便利な暮らしを送ることが出来る絶妙な場所にあるのです!

僕はママチャリで行ったのですが、上りは1時間以上かかりますが、下りだと20分もかからず降りれます!いい、トレーニングになりますね。笑

なんでママチャリで来たの??

「大阪からママチャリで来ました!」と言うといろんな人に驚かれます笑

これ↓

P2160330

そりゃそうですよね、大阪から高知の山奥までママチャリで来る人なんてそういないでしょうから笑

私も、最初は電車で来ようとしていたのですが、思った以上に電車代が高くて…

結局、大阪からだいちハウスのある本山町までフェリーに乗っている時間を含め19時間掛かりました( ;∀;)

しかし、19時間も掛けてまでママチャリで来て良かったなぁと思えることが二つ有りました。

 

一つは、滞在中にいろんな場所に行けたこと

だいちハウスへ行くのに、公共交通機関がほぼ皆無( ;∀;)

どこに行くにも車やバイクが必須で矢野さんも仕事で家を空けることが多かったので、僕は滞在中の移動をほぼ全て自転車でやってました。
(毎回、登るのに1時間かかる。笑)

ただ、そのチャリのおかげで滞在中に隣町の土佐町や大豊町に遊びに行くことが出来たし、街中をゆっくりと自転車で移動することでこの町の自然を芯から感じることができたのが良かったです。

 

二つ目は、地元の人に自分のことを覚えて貰うことが出来たことです!

大阪からママチャリで来る高校生はかなりレアらしく(←当たり前か。笑)自己紹介すると驚かれ、直ぐに覚えて貰うことが出来たので自転車で行ってよかったなと思います。

ただ、だいちハウスは外に出なくても家の周りにもいっぱい面白いことができる場所や人もいるので、身一つで来てもいいと思いますね!

何してたの??

私は来るときに何も予定を立てずに、ただ普段と違う生活がしたい!という理由だけで10日間ほど滞在する事になったので、だいちハウスに着くまでは「何もする事が無くてずっと一人だったらどうしようか」と心配していましたが、だいちハウスに着いてそんな心配は直ぐに吹き飛びました。

といのも、だいちハウスでの生活は、普段絶対に出来ないこと、会えない人たちで溢れていたからです!
滞在中、印象に残っている出来事をいくつか紹介していきたいと思います。

 

DSC03798
だいちハウス名物?? の薪風呂!

滞在中は、毎日私が当番でお風呂を沸かしていました。

始めはなれず、冷たすぎたり、熱すぎたりしましたが、10日間も滞在しているとちょうどいい温度で沸かす事が出来るようになりました。苦労して沸かしたお風呂で温まるのは、ほんとにサイコーでした。

 

PA300100 のコピー
だいちハウスでの朝食

朝食は、ほとんど卵かけご飯でした!だいちハウスの一日はこの絶品卵かけご飯から始まります。
朝起きて鶏たちにエサと水をやり、生みたて卵を頂き、食べるたまごかけごはんは絶品なんですよ。

 

PB281386
地元の猟師さんと一緒にイノシシの罠張り

その日の朝は、地元の猟師さんにだいちハウスまで迎えに来てもらい一緒に軽トラに乗り込み罠を張るため林道に入り山道をドンドン登って行きます。

仕掛ける場所に到着すると、さっそく罠を仕掛ける準備をします。
猪の罠は大きく、丈夫で私が上に乗ってもビクともしません。

私は罠のワイヤーを張り、罠の周りに米(30kg)を撒く手伝いをさせて貰いました。
30㎏も米を撒くなんて贅沢だなぁと思いましたが、罠に掛かった猪が私の撒いた米を猪が食べている姿を想像すると少し悲しくも思いました。
普段食べているお肉には命があってそれを私たちは頂いている、ということを改めて感じる事が出来るいい経験になりました。

P2110271
しいたけの菌打ち

実は、菌を打たせてもらうまでしいたけがどうやって栽培されているのか知りませんでした(*_*;
「しいたけの種でも植えるのかな?」なんて思っていました。
が、しいたけは、原木(ナラやドングリの木)にしいたけの菌を打ち、湿った場所に置いて栽培するようです。

その日は、だいちハウスの裏の山に行き原木をチェーンソーで切り倒すところから始まりました。
原木を1mずつに切り、それを下まで運びます。めっちゃ重かった( ;∀;)
この運ぶ作業が一番大変でした。

運んできた原木にドリルで穴を空け、そこに菌を打ち込んでいきます。
すべての作業を終えた時には夕方になっていました。
まさか、しいたけを栽培するのがこんなにも重労働だったとは(*_*;
しいたけが生えてきたらまた、だいちハウスに行って自分で菌打ちしたしいたけを食べてみたいです!

NewImage
笹のいえ

「隣町の土佐町に面白いとこあるよ!」と教えて貰ったのが「笹のいえ」という宿でした。

この宿は、宿泊料をドネイションで頂くという新しい料金システムを採用している点がとても面白かったです。
持っているお金や価値観は人によって異なるので、料金も違ってもいいのでは?という考えらしい!

この宿の面白い所は、料金だけでなく設備や環境までもが面白い!

山の水を引き、ご飯はかまどで焚き、お風呂は五右衛門風呂で薪で山の水を沸かす。トイレは畑の肥料になり、畑でとれた米を食べ、車は廃油で走り、豆炭こたつで温まる。

こんな自給自足の生活憧れます(*‘∀‘)本当にここは、2017年なのか?
なんだかタイムスリップした気分になりました。

今回は日程が合わず泊まる事は出来ませんでしたが次来た時は是非泊まりたいです!

 

と、こんな感じで約10日間の間に本当にたくさんの体験をさせていただくことになりました。

だいちハウスに行ってみて

具体的にしたいことを決めなくても矢野さんがいろんな人と繋げてくれるので、普段会うことのない人、普段出来ない経験をする事が出来ました。

矢野さんもお仕事で家を離れることはありますが、できるだけ来てくれる人が充実した日々を送ることができるように気遣ってくれたので、本当に充実した滞在が出来ました。

「田舎に行ってみたいなぁ~」

「普段と違うことがしてみたいなぁ~」

と少しでも思う人は、是非一度矢野さんに連絡してみてください。

ただ、最初連絡するときは緊張すると思います。
私も初めて矢野さんにメッセージを送った時は、返事が来るかずっとドキドキしてましたが、返事が来て、電話で話してみると話しやすく、実際に会ってみると、さらに親しみやすい人でした。

あの時、勇気を振り絞って連絡して、だいちハウスに訪れて良かったなと今では思っています。

 

また、具体的に予定を立てなくても、
大自然に囲まれながら、朝は生みたての卵を頂き、昼間は外で贅沢な景色を見ながら読書をし、夜は薪ストーブを眺めながらゆっくりする
みたいな過ごしかたをしたい人にも超オススメです(*‘∀‘)
→僕は毎日いろんな頃に行ってました。そういう性格です。笑

普段出来ない体験、食のありがたみ、作物を育てることの大変さなどを知る事が出来て、一歩大人に近づくことが出来たと思います。

いい経験になりました、また行きたいです。
ありがとうございました。

だいちハウスは基本いつでも滞在可能です!

だいちハウスは基本的にはいつでも滞在受け入れをされています。ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか!

詳細はこちらから

【随時募集中!】だいちハウスで滞在しませんか??





おすすめ記事

サラリーマンをしながらでも、ブログで月に10万円を稼げる方法

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件



このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから