HOME / 未分類 / 手持ち資金2万円で高知県の山奥に移住した”えんたく”が生きて行くことの本質を教えてくれた
手持ち資金2万円で高知県の山奥に移住した”えんたく”が生きて行くことの本質を教えてくれた

2016.11.12

どうも、自由になったサルです。

プロフィールはこちらから

本日は僕の住む高知県本山町北山東集落に住む、「えんたく」さんをご紹介します!

 

ブロガー合宿で出会った、超シャイでコミ障な青年

DSC07147

僕とえんたくさんの出会いは、今年の3月に僕が現在住んでいるだいちハウスにて、開催したブロガー育成合宿でした。

その当時、ちょうどブログを始めて1年目だった僕はそんなにブログのスキルもないけど、ブログを始めたことで得られたことが多くあったし、それをいろんな人に伝えられないかと思い、このような合宿を開催しました。
 

参加者は全国から6名の方が来てくれて、その中に福島県から来たえんたくさんがいました。

彼は最初、「すいません。僕、パソコン持っていないんですけど…」みたいな感じで来た、軽い問題児。笑

僕とその当時イケダハヤトさんのアシスタント仲間であったサトモトさんと同時に、

「ブログの合宿なのに、なんでやね〜〜〜〜ん。」

って突っ込んでしまいました。笑

で、実際に来てからもえんたくさんは持ち前のコミ障を発揮しているのか、結構ひとりで隅っこでパソコンをつついていました。

実際、合宿中の人の中で1番印象がなかったかもしれないです。

ただ、そんなえんたくさんと合宿中にこんなやりとりをしたんです。

 

僕:「えんたくさんはこれからどんな風に生きてくんですか?」

えんたく:「ん〜考えてないですね〜。4月からどうしよ〜って感じです。」

僕:「え?マジっすか。 お金とかどうするんすか?」

えんたく:「ん〜そうっすね〜。まあ、なんとかなるかな〜って思ってます。」

僕:「いや、なんとかならんでしょ!笑」

えんたく:「え?てか、だいちさんはここ家賃いくらって言ってましたっけ?」

僕:「?10,000円ですけど!」

えんたく:「いいっすね〜。そんな感じだったらあんまり稼がなくても自由に暮らせますね!」

僕:「え?もしや、僕が家紹介するって行ったら、移住します?」

えんたく:「いいんすか〜。しま〜す。」

とまあ、こんな感じでえんたくさんのこの地域へ移住はこの時決まりました。え←

まさか、あの超シャイでコミ障な青年がこんな大胆に行動するとは思わなかったので、正直拍子抜けしました。

 

移住してきてから、凄まじいスピードで自分の開拓を始める。そして、脱コミ障へ

DSC07932

えんたくさんは移住してくる時、なんと所持金はたった2万円ぽっち。

まじで、何考えてんだよって感じでとりあえず、自分が安定した土台を持つことを求めこの地へ移住してきました。
 

詳しくは↓をお読みください。

でも、なぜかえんたくさんは「所持金2万円っす。お金ないっす。でも、移住したいっす。」みたいな感じで、すげーポジティブで、なんか僕も協力したいなと思って色々動き、家賃月1万円の家を紹介することができました。
 

この人のすげー力はこういうところなんですよね。
 

”なんとかしてあげたくなる。”

これに尽きます。

まあ、そんな感じでゆらりゆらりとこの地域に移住してきたのですが、移住してからは…

自分が研修で学んできた自然栽培での野菜作りを実践するためにコツコツ土作りに励んだり。
 

移住して約2週間で放棄地になっていた田んぼを再生させ、田植えをし、ついこの間稲刈りまでやっちゃったりと。
 

凄まじい行動力なんですよ。

そんな畑や家の開拓以外にもえんたくさんは”コミュニケーション力”の開拓もしていったなと感じています。

そう、僕の住むだいちハウスは年間のべ700人の人が訪れる場所です。よって、近くに住むえんたくさんは自動的にいろんな機会に顔を出すことになります。
 

ほんと最初はブロガー育成合宿できた時に感じたみたいに、超シャイでコミ障を発揮していたのですが…

凄まじい勢いで新しい人との出会いがある環境に入ったのもあって、えんたくさんはどんどんコミ障どころかいろんなところに自ら踏み込んでいくようんなりました。

今では、新たしい人が来ても物怖じせず、ずっしり構え、じぶんのスタイルを貫いてる感じがあるんですよね〜。

いや〜、ほんとえんたくさんは移住してきてよかったな。

 

お金の儚さと繋がりの暖かさ

PA300084

えんたくさんと半年間関わってきて、すごく感じたことがあるんですよ。

それは、ほんと”お金って儚いな”ということ。

彼は住み始めてからも、今もそんなにお金を持っていないし、稼いでもないです。もちろん、彼自身もお金を稼がないとな〜ということは考えているんですよ!

でも、なんか、そこに縛られていないというか。そこに縛られないからこそ、自由に、ゆったり、ふわふわ、自然にいきているんです。

僕は生きて行くことの本質はこういうことなんだろうなって思えるんです。

今は、何もかもが”お金”というツールで縛られ、方法論のはずなのに、それのために生きている人がとっても多くて。なんだか変な、不思議な感じですが、えんたくさんはそういう雰囲気を1ミリも感じないんです。

ほんと自然だな〜って感じます。

ただ同時に、そんなえんたくさんを支えているのは”人”なんです。

その一人に僕も入っているのだろうけど、ほんと人がいないとえんたくさんは終わるだろうなとも思います。

だからこそ、えんたくさんが今の場所に移り住み、生活することはほんとに正解だな〜と!人と関わる数は少なくとも、ひとつひとつの繋がりが有機的で、しっかり地に足ついた感じの繋がりになりやすいですからね。

だから、えんたくさんを支えてくれる人もおのずと増えていくんだろうな。

本人ではないけれど、えんたくさんはここにいれば絶対に大丈夫という安心感を持てるのではないかなと思うんですよね〜
 

お金は儚いけれど、繋がりはあたたかいな〜。

 

えんたくさん、新たな挑戦!

そんなえんたくさん、今までちょっと越えてこれなかった壁を”よいしょ”と越えようとする企画を打ち出しました!

なんと!彼女をブログで募集!!!!!!!!!!

アレ?アレレ?

知ってる人は知っていますが、そう、僕も約10ヶ月ほど前に…
 

やったんですよね〜!彼女募集!

いや〜、なんかいい流れが作れたのか、どうかわかりませんが、なんか嬉しいですよね!こうして、自分が作った流れを受けて、挑戦してくれる人が増えて。

しかも、あの、シャイでコミュ障で彼女いない歴=年齢のえんたくさんが!

ほんとにほんとに移住してきてよかったな、えんたくさん。
がんばれ、えんたくさん。
がんばろう、えんたくさん。

 

推薦文!(まとめ)

最後に簡単な推薦文を!

えんたくさんは今まで彼女ができたことがありません。

はい、最初に見たときからそんな感じは薄々分かってましたw

でも、この移住してきて半年で、すごくいろんな人と会って、えんたくさん自身もいろんなことに挑戦して、脱コミ障へ向かってきました。

今は、ほんとに問題ないなと思えるくらい、いろんな人と積極的に喋れるようになりました!

まあ、正直言ってちょっとこだわりの強めなところとか、若干ネット民的な雰囲気が出てるのが苦手な方もおられるかもしれません。

だけど、「彼女(一番近くでえんたくさんを支えてくれる人)」さえいれば、えんたくさんはもっともっといろんな高みを目指せる人だと思うんです。

えんたくさんはこんなところで止まっているような人じゃないです。もっともっと進める人なんです。そんな、これからのえんたくさんの道を一緒に支えて進んでくれる人と出会ってくれたら、僕は最高だなと思います。

彼は不器用だと思うけど、ほんとに大切にしてくれると思います。

ぜひ、興味がある方は一度連絡を取ってみて、ご飯にでも行ってみてください。僕が言っていることがすぐにわかると思いますよ!

 

申し込みはこちらから

 

PB040391





おすすめ記事

サラリーマンをしながらでも、ブログで月に10万円を稼げる方法

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件



このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから