HOME / ブロガー育成合宿 / 【ブロガー育成合宿7日目】イケダハヤト×八木仁平×ヨス×ヒビノケイコ。プロブロガー4名による対談をちょっとだけ紹介。
【ブロガー育成合宿7日目】イケダハヤト×八木仁平×ヨス×ヒビノケイコ。プロブロガー4名による対談をちょっとだけ紹介。

2016.03.10

合宿全体のレポート→ブロガー育成合宿レポ

 

四国に関わる4名の豪華講師陣

DSC 3456

みなさんご存知のイケダハヤトの説明は省くとして、

6日目からきてくれている八木仁平くんは月間50万PVを超えるブログ「やぎろぐ」を運営。月間60万円の収益を出すなど、学生とは思えないカリスマブロガーなんです。

そんな彼は”目立ちたいからブログをやってる。”とセルフブランディングを高めるためのツールとしてブログを活用しているそうなんです。

いや〜ブログカレッジなんかのサロンを運営しているだけあって、教えるのがめちゃくちゃうまいんですよね。勉強になりました。

 

そして、月間100万PVを越す香川のプロ主夫ブロガーのヨスさん。「ヨッセンス」というブログを運営されており、そのデザインとSEOの強さには本当に目を見張るものがあります。

僕は苦手な分野なので、本当リスペクト。

実は同じ矢野という苗字もなんだか親近感の湧く要因ですね!

ヨスさんもヨッセンスクールというサロンを運営されているなど、SEO対策なんかのアドバイスなんかは超一流。僕も約2時間ほどの時間聞いたことを実践しただけで、1日の検索流入数が150PVも増えました。すげ〜

 

また、4人目の講師さんは他の3名とは一風変わった作風のブロガーさん。

僕の住んでる本山町の隣の土佐町に住まれているヒビノケイコさんです。

彼女は「ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする。」を運営されており、ブログ経由での講座なんかを開かれている一児の母です。

彼女の文章はもやもやしてることを言語化してくれるような感じで、なんだかくすぐったところを突かれるような感じなんです。だから、コアなファンも多く、フェイスブックのいいね数も10,000人を超えるなど、凄まじいエネルギーを持った方なんです。

 

この4名がそろったら何が起こるか僕にも全然想像できません。

さて、どんなことが起きたのでしょうか…

 

Twitterから見えてくるプロブロガーのSNS活用法

4名の対談を少しだけ公開しましょう。

イケダさん:今はもうPVを見るのははやめていますね。月間180万くらいまで下げてもいいと思っています。逆に最近ではTwitterのアナリティクスをみていますね。このインプレッションがどれくらい伸びているかってとこを。

”どのくらい露出されたか。”ってのは非常に貴重な情報になると思っています。なので、ツイートののインプレッションを最大化させていきたいなーと思っています。

ちゃんとやれば1500万インプレッションくらいいけるんじゃないのかな?

いままでツイッターに力をいれていなかったので考えていなかったんですが、先月くらいから意識してやり始めました。

最近ハマり始めたnoteのマガジン購読者数とTwitterのインプレッションの伸びとは関連があると考えています。
なのでもうPVはみてないですね。

 

八木くん:ツイートはすればするほどいいんですか?

イケダさん:ツイートはやりすぎても大丈夫だと。僕は大体、デイリーで60。日によっては90くらい。月間でいうと、1000回くらいしてますね。これを1500にしたいと思っています。

僕の場合、今までの経験上、生産量は結構重要だと思っていて、どのくらいいいコンテンツをツイッターで出すかはかんがえてこなかったですね。

ツイッターのほうに細切れに記事をだしていって、フォロワーを獲得していきたい。精度をあげていきたいと思ってますね。めざせ1日100回つぶやき。

ヒビノさん:それって全部自分のつぶやきなんですか?Retweetじゃなくて?

イケダさん:そうです!

八木くん:ぼくがブロガーさんでよく見るのは、自分のブログにばかり言及している人で、そういう人はフォロー外しますね。ぼくはTwitterは有益な情報を得るためにやっているので。

ポジティブなツイートを僕はリツイートしますね。

イケダさん:ぼくはあんまりリツイートしないですね。

 

ヒビノさん:わたしは全然ツイッターなぞっていうか、、、、リツイートってあんまり価値ないんですか?

 

ヨスさん:僕は割とリツイートやっちゃいます(笑)自分のつぶやき自体が少ないので・・・逆にTwitterを情報収集と発信のどちらに重きをおいてますか?

 

イケダさん:ぼくは発信ですかね〜。もちろん、収集でもつかいますけど。

ヒビノさん:私あんまりつかってないですね。

八木くん:ツイッターでは情報収集というより、情報発信ですね。

自分が思いついたたこと、過去のこと今現在のことををまとめて書いてます。

イケダさん:ぼくはツイッターで刺激をもらってますね。けんすうさんとかツイートをみるとおもしろいんですよね。面白い記事をリツイートしてくれているので、それではあちゅうさんの面白い記事を見つけたり。言及できそうだったら、ブログのネタとして使ったり。

ネタ切れしたときはツイッターをみていたら、高い確率でかきたいことをみつけられるので、情報収集としても使ってますね。

八木くん:そうですねぼくはよくTwitter見るタイプなので、じぶんのなりたい像の人を揃えるっていう感じですね。
自分の環境をTwitterで作っちゃうって感じですね。

何かやりたいなってときはすでにもう成功してる人が周りにいるみたいな環境をTwitter上でも作っています。

ヒビノさん:わたしあんまりツイッターとか詳しくないので、人と会うときとか、本とか、音楽とかリアルな世界につなげていくために使っていますね。

ブロガーさんによってTwitterの活用法も全然違うんですね。

さて、この続きはnoteの有料記事で販売しようと考えていますのでお楽しみに!文字おこしが3月の中旬に終わるので3月末にはリリースできるかと。

 

ブログは未来を作るためのツール

この対談の中でみなさん一貫していたのが、”ブログはツールとして使う”ということ。

そうそう、参加者のみなさんにもこうした感覚を持っていただきたいと思っていたのです。

と言うのもブログ一本で生活していくみたいな感じで始めるのはもう遅いから、他の価値を生み出すための追い風としての発信力を持つというのがこれからのブログのあり方になってくると思うのです。

”ブログを使って何がしたいか。”

これを問われるきっかけになったのではないでしょうか。

 

他の日程のレポートはこちら

合宿全体のレポート→ブロガー育成合宿レポ

 

おすすめ記事

「本当にお酒に強い?」9種類のパターンに分類し検査してくれる遺伝子検査をやってみた結果…

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件

このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから