HOME / 日々の生活 / 【あるある】お酒を飲みすぎて、起きたらドブくさかった話。
【あるある】お酒を飲みすぎて、起きたらドブくさかった話。

2016.03.02

良くありませんか?

ありますよね。

僕、酒飲むの大好きなんですよ。
 

日本酒好きすぎて、高知の酒蔵全部回ったり、
 

お酒飲みすぎて、蕁麻疹出たり。
 

家の前の崖から落ちたり

ほんと色々とやらかしております。はい。

お酒飲みすぎてドブに落ちたらしい話。

NewImage

僕が大学2年の時、サークルの飲み会に行ったんですよ。

サークルの飲み会隊長だった僕はまあ、日本酒一升瓶を持って暴れまわりますよね。

はい、暴れまわっていました。

その日は、ちょっと気になっていた子がいて、飲み会で飲みまくってかっこいいとこ見せつけようと思っていたんですよ。(大体モテない男の子はこんな勘違いをしています。)

案の定、その子からはなんか冷たい目で見られていたらしいんですが、酔っていた僕はそんなことはつゆ知らず。

二次会、三次会と人の家を転々とたらい回しにされた挙句、その頃住んでいた寮まで送り届けられたんです。

その途中で、悲劇は起きました。

起きたら自分からドブの臭いがした。

NewImage

朝、目がさめると石を頭の上から落としたレベルの頭痛とドブ臭さで目をさましました。

頭痛の奥には楽しかった思い出とやらかした後悔が一緒に混雑していたんですが、そんなことを忘れてしまうレベルでドブ臭かったんです。

寮はいつも何かしらの臭さがあったので、「あいつらまたゲ◯吐きやがったな〜」って思ってたんですが、周りを見渡してもゲ◯はなく…

ドブ臭さは増すばかり。

僕はその時、初めて自分がドブ臭いことに気がつきました。

風呂が流してくれるのは泥だけ。

ドブ臭い自分をまずは清めるため、風呂へ。

ただ、なぜドブ臭いのかは全然理解できていない自分がいました。

そして、風呂に入った瞬間ケータイ電話がないことに気がついたんです。
 

「あれ?昨日ポケットに入れていた気がしてたんだけどな。」
 

とりあえず、風呂に入り、シャワー浴びた瞬間。頭痛の奥から飛び出してきた記憶が僕の頭の中でちりばめられました。

そう、僕は昨日、田んぼに落ちました。

そして、その時に僕はポケットにケータイを入れていました。

捜索の後に分かった、自分のドブ臭さ

昨日通ったであろう田んぼにすぐさま向かい、周辺を散策。

ありましたよ。ありました。僕が昨日落ちたであろう跡がくっきりと残ってました。

しかし、田んぼの中にケータイは見つからなかったんですよ。

200人以上のサークルメンバーの連絡先を登録したケータイが田んぼに沈んだんです。ああ、もう終わったと思いましたね。

そんな責任感と不甲斐なさで5時間も探し続けたのですが、結局見つからず。

ふと気がついたら、また自分はドブ臭くなっていました。
 

まあ、僕はこういうドブ臭い人間で今後も生きていくんだな〜となんか知らないけど決心した1日になりました。

アーメン。

まとめ

お酒の飲む機会の多い人には是非伝えておきたい。

お酒はいろんなものを代償にしていくツールです。

楽しいことも、悲しいことも、辛いことも、そして友達や恋人も。

時には自分のドブ臭さと闘わなければならない時もあります。

付き合い方を間違えると本当に怖いツールでもあることを忘れちゃいけないと思った今日この頃。





おすすめ記事

サラリーマンをしながらでも、ブログで月に10万円を稼げる方法

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件



このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから