HOME / 思考 / 僕が断然いじるより、いじられる方が好きな理由
僕が断然いじるより、いじられる方が好きな理由

2016.02.11

サラリーマンで月10万円稼ぐ方法

どうも。

ドMだいちこと自由になったサルです。

前にこんな記事を書きました。

いじられキャラは最強。いじられるのが嫌いなきみへ、いじられることを楽しんだら勝ち

最近また感じたことがあるので、アップデートしていこうかと思います。

いじるといじられるの違い

いじる、いじられるということを一つの側面から見たときにあたかも表現者がいじる側で、受け身なのがいじられる側だというふうに感じてしまいます。
 

でも、それは全く違います。

いじる方は自分だけでは表現しきれないことをだれかを使って表現しようとするのです。

だから、いじる人にはいじられる人がいないとこの表現は何にも役に立たないものなんですよ。

でも、いじられる人はそのフリに対して、自分の表現で返すことができます。

だから、実は表現権はいじられる方にあるわけなんですよね。

たとえ、それでうまく表現することができなかっても総合的に見てもいじる側よりはいじられる側が主役になると僕は思っています。

いじられるってことは個性があるってこと

いじられる人って実はものすごく個性があるんだと思うんですよね。だって、そうでないといじるネタがないですしね。

だから、いじられる人には実は大きな武器が備わっているわけなんですよ。

個性は人とは違った感覚をもっていたり、人の考えに安易に同調しないと言う意味でとても貴重です。

僕は自分がそういう貴重な、ある意味で変な奴だから今こうして生きているんだと思えるんですよね!

いじられるってことをネガティブに考えることもあるとは思いますが、僕はネガティブ思考に陥るよりは自分が個性的だからこうしてフリが回ってくるという感覚をもつととても楽しくなってくると思います。

いじられるだけ素晴らしいんですよ!ほんと何もアクションがないってことほど辛いものはないですからね。

いじられることを楽しんで、もっともっと認めて貰えばいい

最近、僕は「イケハヤ アシスタント」ってことでツイッターを始めとするネットの中でバシバシ叩かれてきました笑

まあ、それはイケダハヤトのアシスタントである以上はしょうがないことなんですよね。

ただ、僕はこんなふうに思っているんですよね。


「どんどん叩きまくれや〜〜〜〜」

これは上記で述べているいるいじる、いじられる現状と同じく。叩いている側はいじる側、僕はいじられる側に立ってるわけです。

そうそう、この時その人がいじるのは結局僕が個性的で、人とは違うことをするからであって、回り回って面白いからなんですよね。

僕もそうですが、いじる人にとってはイケハヤさんや僕がいなければそんな記事や投稿を書くこともできない残念な人なんですよ。どんまいです。

このことだけではないですが、こうしたいじりをもっともっと楽しいんで、盛り上げていってもらったら、僕のことを認めてくれたり評価してくれる人もふえるので、ぜんぜんいいじゃん!なんて思っています。

なので、僕はいじる側よりもいじられるネタ提供のできる人になりたいんですよ。

はい、今日もどうぞ僕をいじってください。





おすすめ記事

サラリーマンをしながらでも、ブログで月に10万円を稼げる方法

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件



このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから