HOME / 思考 / 体調悪くなったら鬱っぽくなってしまう時の3つの対処法
体調悪くなったら鬱っぽくなってしまう時の3つの対処法

2016.01.29

はい、体調ゲキ悪です。

朝よりはだいぶ良くなりましたが…

さて、そんなタイムリーなんで体調悪くなった時の鬱っぽくなってしまう時の対処法をまとめておこうかと思います。

なんか、体調悪くなった時って自分を追い込んでしまったりって結構ありますよね〜

僕も普段はものすごくポジティブなのに体調悪い時は超ネガティブでマイナス思考になってしまうんですよね。

⒈とことんダラダラする。

体調悪くて、その日の予定とかをキャンセルしてしまった時とかってなんだかナイーブな気持ちになるし、なんでこのタイミングでなるんだよ〜みたいな感じで自分を責めがちです。

ただ寝てるだけだとそうやって悪いことばかり考えて、悪夢を見てしまったり…ガクブル

だから、普段時間とってできない好きなこととかやりまくって、だらだら過ごすのが一番です。

そんな時にamazonプライム会員だと超便利ですね〜

なんたって、映画見放題ですからね!
僕の場合は映画がめっちゃ好きなので、今日は映画を見まくりました。起きて、寝るまで。10時間くらい。
 そしたら、面倒くさいマイナス思考も頭に浮かんでこなくなるのでいいですよ!

音楽聞きまくるとか、漫画読みまくるとか…なんでもいいのでとことんダラダラするのがオススメです。

⒉誰かと話しをする。

風邪とかだとうつる危険があるので直接会うのは難しいですが、だれかとたわいもない話しをするのもいいですね!

こんな時じゃないと電話しない相手とかに電話してみてください。以外と話しが盛り上がったりしてなんだか考えてることも馬鹿らしくなってきたりします。

鬱っぽくなってる時って大体は自分で勝手に想像して、かってにマイナス思考におちいってる場合がほとんどです。

なんで、他の人と何かしらやりとりをすることによって、自分も周りにちゃんと認識されてるんだって思うことがとっても大事なんですよね!

普段ならそんなことは思わないのに、体調悪くなった時ってそんな風になっちゃうんですよね。

⒊普段たべれないうまいもんを食べる。

これ以外と聞きます!

体調悪い時って、食欲がないことの方が多いですが、そうではない場合の時ですね。

食欲があるなら、普段たべれないようなうまいもんとかを食べるとやたら元気になったりします。

まあ、体調が悪い時には体の異変から心の異変につながるわけですが、心の異変を取り除くためには心を満たしてあげる必要があると思うんですよね。

なので、普段たべられないようなうまいもの食って、心に栄養を!

まとめ

まあ、体調が悪くなった時に人によっては鬱っぽくなってしまうのはしょうがないことです。

なんで、それを認めて、自分なりの対処法を見つけるといいと思うんですよね!

病は気からと言いますが、僕も自分なりの対処法を見つけてからは体調の改善が早くなりました!

始めは体の異変から始まっても、最終的にはこころの以上も直していかないと長引いてなかなか治らないなんてこともあるんだと思うんです。

科学的にはわかりませんが、体調がわるくなることなんてみんなあることなんで、自分なりにどう対処するか考えることも必要ですね!

おすすめ記事

「本当にお酒に強い?」9種類のパターンに分類し検査してくれる遺伝子検査をやってみた結果…

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件

このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから