HOME / 高知のオススメ観光スポット / 【史跡・滝山】今でも勢いの残る一揆の跡地。高知県本山町の残る生々しい歴史の跡地がエクストリームすぎる場所だった
【史跡・滝山】今でも勢いの残る一揆の跡地。高知県本山町の残る生々しい歴史の跡地がエクストリームすぎる場所だった

2016.01.13

サラリーマンで月10万円稼ぐ方法

こんちには!

僕の住んでる本山町にあるすげー史跡があるそうなので行ってきました!

本山一揆の歴史の荒波を乗り越えた史跡を目指す

実は僕のいま住んでいるだいちハウスのある本山町北山という地にはなんと江戸時代初期に一揆が起こった場所だそうなのです。

その経緯はこんな感じ。

慶長8年(1603年)、かの有名な山内一豊が土佐藩主となって間もなくのことです。

当時、山内警部一照が嶺北一帯をおさめていました。

しかし、年貢の取り立てが厳しく、農民は困窮していました。

そこで、庄屋の高石佐馬之助を中心に100余名の農民が蜂起して一揆を起しました。

すぐに、左馬之助は出頭を求められたがそれを拒否。

その後、現在の本山町北山の滝山で砦を築き立てこもったと言われている。

そんな歴史的な史跡がなんと僕の住んでるすぐ隣の道から行けると言うのです。
 

DSC05457

はい、うちの前の道を少し下がって〜
 

DSC05458

この左側の道です!
 

DSC05459

「滝山入口」

うん間違いなくここです。史跡だけあって、なんだか看板からも歴史の重みが!笑
 

DSC05461

道中もなんだか大きな岩がゴロゴロ。水無川のようです。
 

DSC05464

うわああああ。おちそうになりそうな道も!(危険なほど進みたくなりますね笑)

 

IMG 5607

だああああ!ん!車で行ける広場まで着いたらご褒美の滝が!すげ〜〜〜〜え〜〜〜

しかも、滝の流れる中心に木があるのわかりますか?

地元の人によるとこの木があそこに流れてからもう50年近く経ってるんだとか
ん〜歴史を感じます。
 

DSC05469

あ、なるほど。ここからが本番なんですね!笑

ちなみにこの看板まではうちから車で3分くらいで来れます!普通車でも大丈夫!(険しいけど)

さあ、ここからが本番です。
 

DSC05480

こんな道やら、
 

DSC05481

こんな道やら、、、

まあ、とにかくなかなか凄まじい道のりを登っていきます!

ちょっとはしょりたいので映像でどうぞ!
 

画質悪いのはお許しを〜

まあ、とにかく道なき道を歩いたり、谷を越えたりと、なかなかエクストリームな道のりを行かなければならなかったのが伝われば幸いです!(車止めたところから約20分くらい登ります。)
 

DSC05510

そして、着いた岩屋!

ああ、ここに逃げ込んで雨風をしのいでいたんですね〜壮大な岩屋の風景に圧倒されました。

来る道も想像を超える難易度で道が整備されていなかったころ、ここまでたどり着くのにどれだけの苦難があったかって考えるだけでなんだか歴史の音が聞こえてくるようでした。

最後に岩屋を楽しんでいる様子をどうぞ!
 

DSC05514

DSC05519

DSC05521

IMG 5610

DSC05515

歴史の重みを感じる1日でした。

場所はココ!!!

スクリーンショット 2016 01 13 22 53 20

矢印してるところがだいちハウスなので、そこからはグーグルマップに載っていない道を行くことになります!

時間があれば僕も案内できるので気軽に声かけてくださいね〜〜

また行きたいし!

以上!

SNSでも発信しています!



本日のオススメ本はこちら!

Amazonでお買い物!


人気記事はこちら!

【警告!】酒の飲み過ぎに注意!蕁麻疹が体に出始めたら警告信号

最近の記事はこちら!

【旅が教えてくれること】ルワンダにあった、貧しいのに豊かな村

【検証】彼女募集中!ブログで彼女募集したらどうなるか?





おすすめ記事

サラリーマンをしながらでも、ブログで月に10万円を稼げる方法

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件



このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから