「傷口から人生」の小野美由紀さんがだいちハウスに遊びに来たよ!僕の100倍切り替えの早い人だった

2015.12.08

サラリーマンで月10万円稼ぐ方法

前日、だいちハウスには超豪華メンバーがお集まりいただいてまして、対談が行われていました!
 

なんと、僕の雇い主であるプロブロガーイケダハヤトさん、作家・ライター・1児の母でブロガーのヒビノケイコさん、小説家・ライターの小野美由紀さんが集結し対談をしていました!

この内容は電子書籍化するそうなのでお楽しみに〜

失敗を淡々とかき綴ることで進んでいる孤高の獅子

色々と話をしてみて、小野さんは独特の感性と視点を持っていらっしゃるかただな〜と!

特に”間”がなかなかつかめない人でした。笑

僕はどちらかというと、トントントンっと話していくタイプで話の流れとか接続をしっかり意識して話をしていくスタイルなんですが、

小野さんはトンッタンテンポォンみたいな感じで、なんというか切り替えが早すぎる。

あれ、さっきはこの話してたのに、今はこの話…みたいな感じで、物語を様々な角度から作っていく感じ。

僕は淡々とストーリーを時系列に並べるタイプですね。(小説とか書くのは絶対向いてない。笑
 

この、小野さんの代表作でもある「傷口から人生。」、まだ全部読めていないんですが、最初っからトンッタンテンポォンな感じ!

ええええ!そこでそんな言葉が飛び込んでくるとわ!みたいな変な間隔に襲われるんですが、なぜかしっくりくる言葉が綴られているんです。

僕にはこうした文章は書けないなと思いながら、超面白くてどんどん読み進めていきました!

序盤に就活をやめたときの話があるんですが、その文章で、

携帯を見れば、友人たちから内定報告メールが次々とくる。SNSを開くと、「ご報告」と題した、内定先を報告する日記が並ぶ。

どれにもこれにもサクラ色の絵文字がたっぷりとちりばめられていた。自分の花道を、自分で祝うように。

穴に落ちるマリオは、落下する瞬間、自分がいた地上の世界をどんな気分で眺めるんだろう。

やばい。飛びすぎてる、笑

でも、このマリオのように孤高の獅子のように自分自身と向き合い、ときには悩みながらも、ふらふらと進んでいる小野さんを見て、純粋にかっこいいなとおもいました。

だいちハウスはお山のフロンティアになります。

NewImage

こんな感じの小野さんもだいちハウスでは薪風呂で至福のぬくもりを味わってもらい、ほぼ全てが地元のかたからいただいた素材を活かした素朴なご飯を楽しんでもらい、12時間もの極上の眠りについてもらいました。(寝すぎ笑)

だいちハウスはこんな感じでどんどんいろんな新しい価値が生まれていき、それが外に出て具体的な形になるようなお山のフロンティア(最前線)になっていくとおもいます。

僕より100倍切り替えの早い小野さんですらこの圧倒的落ち着き空間に完全にやられていたとおもいますね笑

これからもっともっとフロンティアとしての役割をなしていくであろうだいちハウスをどうぞ宜しくお願いします。

お山のフロンティアなふたり

今回の対談の中で雇い主であるイケダハヤトさん、ヒビノケイコさんなんてすでにお山のフロンティア的な存在。

社会的にもどんどん前を走って行っています。

ぜひ、お二人の著書等も読んでいただいて、興味があったらだいちハウスに遊びにおいでください。

もしかしたら、フロンティアなお二人に会えるかもしれませんね^^


イケハヤさんの著書はこちら
 

ヒビノケイコさんの著書はこちら
 

小野美由紀さんの著書はこちら
 

SNSでも発信しています!



新しい働き方を見つけよう!




人気記事はこちら!

標高800mの家に住み始めて変わった、 5つの生活習慣

最近の記事はこちら!

【高知・中土佐町・大正市場】高知に来たら昼から、超パラダイスなお魚天国で飲み歩こう!その場で買ったものを調理してくれる贅沢

まだ学部で消耗してるの?”学生でもあるが社会人でもある”という考え方が必要になってきている





サラリーマンで月10万円稼ぐ方法

このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから