高知でしか手に入らない!?幻の黒毛和牛の丼が食べられるのはココだ!

2015.12.02

サラリーマンで月10万円稼ぐ方法

実は高知県の山の奥地に年間50頭しか生産されない牛がいるそうなんです。

それが、日本一小さな村で有名な「大川村」という人口は400人に満たない超過疎自治体なんです!

【謝肉祭】人口360人の日本一小さな村で開かれる、日本一贅沢な祭りを見よ

こちらのブログを見ていただけた方は承知の通り、基本的には高知県内だけで消費されてしまう超激レア食材なんです!
 

DSC04603

ちなみに飼われているのはこの奥に見える牧草地!

標高は大体700〜800メートルの高山地帯です。

そんな大高原を走り回り、特上のさしの入った牛が大川村の黒牛なんですよね!

普段から黒牛食べるならココしかない!「里の茶屋」

DSC04577

大川村のさらに奥地にある喫茶店?がここ「里の茶屋」です。

大川村にある自然体験施設白滝の里内にあり、標高は700m近くある超山奥です。

それでも、年間50頭しか出荷されない牛が食べられると知ったらそりゃみなさん来ますよね〜

実際、土日になると県外から結構お客さんが来ているそうです。

平日でも愛媛からレンタカーしてこられているお客さんがいました。さすが幻の黒牛。

大川村の黒牛を食らえええええええええ!!!

さて、本日のお目当て黒牛の丼をいただきましょう。
 

DSC04598

どどおおおおン!!!

見た目は親子丼ですね。笑
 

DSC04600

いや、でもこうしてみると650円のクオリティではないほどいっぱい肉入ってますよ!

しかも、食べてみると焼肉で食べる黒牛とはまた違い、ヘルシーな超柔らかくてジューシーなお肉なんですよね!

いや〜これはこれで、めちゃくちゃうまいっす!

てか、幻の牛なのに幻感がないこの値段。。。

末恐ろしい、大川村。

もちろんBBQもできちゃうよ!

今の季節は寒くてなかなか外でってことにはなりませんが、
 

DSC04579

店内のテーブルにはBBQコンロが設置されていて、
 

DSC04575

外にもたくさんのBBQコンロが設置されています!

もう、今年は終わりですが、毎年3月〜11月末までの期間で予約制でBBQも楽しんでいただけます!
 

NewImage

一人前1890円でいただけるそうですよ〜〜〜!

ひゃああああ!

これは春に行かないとな!

もう、想像しただけでよだれが…

大川黒牛の牛丼と合わせて、ご正味あれ〜
 

===============================

里の茶屋

住所:〒781-3704 高知県土佐郡大川村朝谷26

電話番号:0887-84-2201

営業時間:10~16時(火曜定休)

===============================

SNSでも発信しています!



国内旅行ならJALが安い!早い!




人気記事はこちら!

標高800mの家に住み始めて変わった、 5つの生活習慣

最近の記事はこちら!

国道55号線にある激ウマ、激盛りのうどんは「国虎屋」で決まり!

ブログ運営報告(2015年11月):34記事/114,076pv/売り上げ10,000円





サラリーマンで月10万円稼ぐ方法

このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから