HOME / シェアハウス / 標高約700メートルで古民家活用!だいちハウスが超盛り上がってきた
標高約700メートルで古民家活用!だいちハウスが超盛り上がってきた

2015.10.19

さて、僕のブログを定期的に見てくれている人は知っていますが、改めて!


【嶺北移住計画】本山町の空き家がスペック高すぎて速攻移住決定! こんなところに行きます

だいちハウス始動!標高約700メートルの空き家がどう変わっていくのか

この辺の記事で書いていますが、高知県高知市から本山町に移住しました!

そして、空き家を活用しだいちハウスという居場所を作っています。

コンセプトなどはこれからきめていくのですが、やりたいことはたっくさんありすぎてまとめきれませんがこちらに書いてます!

だいちハウスがどんどん変わっていっているのでみなさんもぜひ、読んでたのしくなっちゃってください!

祝!山水が開通!!!

NewImage


空き家のリノベって意外と大変。何年も使っていないものを直していくことを楽しめ

こちらの記事で書いているようになかなか水道が開通しなかったので、なかなか住むまでには行かず…

奮闘していましたが、最終的に水道やさんにお願いをして、きてもらうことにしました!
 

DSC03614

そして、無事水周りも相当綺麗な感じにできました〜〜

もちろん山水くんでるんで、水道代はタダですよ!笑
 

DSC02895

ちなみに水は、こんなところからひいています!

もう、超綺麗すぎですね!めちゃくちゃ冷たいし、夏はここで野菜冷やしてワイワイできるように整備していきたいと思っています!

初!釜戸飯!

DSC03619

DSC03654

DSC03661

いや〜やりたいことリストにも書いていたのですが、釜戸飯!ができました〜〜

やっぱりいいですよね〜〜

なかなかうまい具合に火加減を調整しないと失敗することもわかりましたので、今後は何回も挑戦していこうと思います!

超絶うまいごはん炊けるようになりますよ!!!

トイレがさらにセクシーになった!!!

DSC01454

まあ、前の感じはこんな感じで田舎にありがちなセクシーダイナマイトなトイレだったのですが、、、

じゃん!
 

DSC03681

DSC03683

DSC03689

引き戸にすることで、中に人がいるのが見えるので、逆にセクシー感増したけど、超いい感じに田舎感も残しつつのトイレができました〜〜

ちなみに大便器の方は、
 

DSC03705

「土佐漆喰」で塗り、綺麗な白の壁を作る予定です!!!

「土佐漆喰」っていうのは、酒蔵の蔵やお城などの白い壁に使われている塗装です!

めっちゃおしゃれなトイレを作るので、お楽しみに〜〜

草を無双刈り!!!

DSC03600

DSC03601

やっぱり3年も住んでないと草なんて生えまくります。この家の周りもほんとカオスな状態でした。

こういうのは一人でやるよりみんなでやった方がやっぱり楽しくできますね!
 

DSC03611

人が通れるくらいのすっきりした場所になりました!!

いえい!

草刈りは年中しないといけないことなので、たまーにこうしてたくさん人呼んで作業したいと思います^^

ぜひ、手伝いにも遊びにも来てくださいね〜

作業はやっぱりみんなですると楽しいし、はかどる!

まあ、僕は農業をやっているわけでもないので、なかなか一人でやっていくのは実際大変なんですよね。

だからこそ、いろんな人に声がけして、みんなで作業していこうかと思っています!
 

DSC03633

DSC03643

DSC03666

DSC03672

DSC03727

だいちハウスができていくことで、その周辺の関わる人の居場所と想い出づくりもしっかりとしていこうとおもいます!!

また、やりたいこといっぱい増えたんで、ワクワクドキドキがとまりません!!!笑

SNSでも発信しています!



暮らし方は自分で決められる時代!




人気記事はこちら!

【警告!】酒の飲み過ぎに注意!蕁麻疹が体に出始めたら警告信号

最近の記事はこちら!

悩んだり、不安だったりする時こそ新しいことに挑戦しよう

【ポエム】人のことを知るためには、まず自分を知らないといけないと思う

おすすめ記事

「本当にお酒に強い?」9種類のパターンに分類し検査してくれる遺伝子検査をやってみた結果…

【決定版】映画ドラマ見放題サービスの徹底比較とオススメの紹介

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件

このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ひとまき代表理事・猟師・企画デザイナー
月間4万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから

当ブログ スポンサー様
著者のプロフィール