美容に効果のあるという幻の”どぶろく”が集結する祭りが本山町で始まったぞ!

2015.09.26

サラリーマンで月10万円稼ぐ方法

昔から高知県の中山間地域では税務課との戦いがあったそうです。 

多くの人は酒は高いので自分で作るということをしていました。

米やキビ、芋などを使って、どぶろくや焼酎を作っていたらしんですね。

しかし、酒税法などが整備されてからそれが違法になったため、税務署に隠れて作らないといけなくなってしまったそうなのです。

それがいわゆる”税務署との戦い”なのです。

幻のどぶろく

そんな昔から個人で作っていたどぶろくを復活させ、売りだしている人たちが高知県の中山間地域にはいるんですよね!

ちなみに”どぶろく”とは、

発酵させただけの白く濁った酒。もろみ酒、濁り酒(にごりざけ)ともいう。炊いた米に、米こうじや酒粕に残る酵母などを加えて発酵させることによって造られる、日本酒(清酒)の原型である。

ウィキペディア

まあ、簡単にいったら日本酒の原液なんです。

最近、その発酵した米が残っているのが美容に良いと話題らしいんですよね。科学的にどうかとかは知りませんが…笑

それに個人で作られている”どぶろく”はそんなに多い数が量産できないのですよ。

そんな高知県の中山間地域にある”どぶろく”が集結した祭りの手伝いに行ってきたのでレポートします!
 

DSC02499

もとやま地酒祭り

【高知・オススメ・イベント】高知の山の中で開かれる地酒イベントがやばい!どぶろく日本一の”輝”もでるぞ

こちらの記事でも紹介していたイベントなのですが、参加してきて超面白かったのですよ。

まず、置かれている”どぶろく”がいいものばかり!!!
 

DSC02484

日本一のお米に選ばれた天空の郷を使ったどぶろく、みどり麹つかったどぶろくをだしている田伝夢史さん。
 

DSC02485

みどり麹をつかったどぶろくはほんと貴重で、なんと失敗してみどり麹をつかったところから生まれたん
とか…

しかもパッケージのぴっころって…笑

これはなかなかの田舎クオリティですね。
 

DSC02502

こちらは、山下文一さんという地元のおもろいおじいちゃんが一人で作っている、山の雫という辛口などぶろくです。

【廃校活用・合宿・おすすめ】高知県本山町にある清流館がスペック高すぎる

この記事で消化している清流館で買えますよ〜
 

DSC02503

いけなくて、お求めしたい方は直接電話でもいけますよ!
 

DSC02515

どぶろく研究会の昨年度優秀賞のどぶろく「輝」
 

DSC02512

今年度優秀賞を取った、「香南のいぶき」まで!!!!

こちらも、ネット販売はほとんどしていない超幻のどぶろくです。

いや〜とろっとした口どけに、じわっと酒の苦さが出てくるのがおいしんですよね。

こんなにどぶろくが楽しめる祭りはなかなかないです。
 

DSC02516

つまみも、あまご、あゆ、土佐あかうしなど普段は食べられない贅沢なものを破格で!
さらに今回のイベントでの大目玉だったのは、
 

DSC02528

どぶろくをより若い人に知ってもらうために開発された、地元でできたしそジュースとどぶろくを混ぜたカクテル!

これはマジで新しいっすね。しかも地元産のものでまかなえるのがいい。
 

DSC02529

高知市内の方から来ていた方の楽しく飲んでおられました〜

関東や関西圏からも!

何と言ってもこのイベントのすごかったことは、合計参加者は100〜120名ほどだったと思われるのですが、全国の各地からもポツポツ人が来ていたということです。
 

DSC02547

こちらの写真の右側のお二人は、東京からのお客さん!

なんとともだちが本山にいるから遊びに来たついでに来たんだとか。
 

DSC02553

どぶろくカクテルを片手にワイワイ、楽しく笑っておられました!

こうして、イベントを通して、県内外からの人たちが来て、楽しく飲んでつながるっていうのが高知県のとても素晴らしい文化であり、こうしたイベントが今後もできていくといいな〜とつくづく思いました。

そんなサルはハンドルキーパだったので飲めませんでしたが、
 

どぶろくとジュースの原液とかを混ぜると超美味しんですよ! これは革命的!!!

Daichi Yanoさん(@daichi0123)が投稿した写真 –

しっかりボトルで購入し、帰ってカクテル作ってペロリと飲んでしまいました〜笑

ほんと、カクテルうまいっす!おすすめです〜

高知はとにかく酒のイベントが豊富なんで、ぜひ今回お越しいただいていない方はぜひ次回お越しくださいね〜〜

SNSでも発信しています!



会計管理ならfreeeがおすすめ!




お酒のイベントはこちら!

高知県の奇祭「どろめ祭り」がカオスすぎる

港の下町飲屋街を歩く。むろと、みなとの上飲みあるき祭りが予想以上に面白すぎて超オススメ

人気記事はこちら!

【警告!】酒の飲み過ぎに注意!蕁麻疹が体に出始めたら警告信号

最近の記事はこちら!

高知は滝パラダイス。高知へきて滝を見ていかないと、金をドブに捨ててるのと同じよ

【若者がなぜお遍路へ行くのか?】仏教?空海?そんなのどうでもいい。バイクでお遍路、大学生





サラリーマンで月10万円稼ぐ方法

このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから