HOME / おすすめ本 / ”アンフェアなのは誰か?”最終回を見て、篠原涼子が10年前と変わらず綺麗でビビった
”アンフェアなのは誰か?”最終回を見て、篠原涼子が10年前と変わらず綺麗でビビった

2015.09.16

スクリーンショット 2015 09 15 19 59 03

みなさんアンフェア見たことありますか?

 

2006年にドラマでアンフェアが始まり、約10年間テレビスペシャルや映画を経て、この9月に公開された、”アンフェア the end”が最終回となりました。

ずっと、アンフェアのファンで映画もドラマも2回以上は見ていた僕からすると、何か感慨深いものと、また逆にこれから新たな一歩が踏み出せそうな感覚を感じています。

※このブログでネタバレは絶対にしません!安心してください!

篠原涼子が変わらず、綺麗でカッコよすぎる

アンフェアの見所はたくさんあると思うんですが、やっぱり、主人公の雪平を演じる篠原涼子でしょう。
 

NewImage

この第1作目の映画での篠原涼子

今、公開中の映画を見てもらったらわかると思うのですが、本当綺麗さもかっこよさも、レベルアップしてるんじゃないかってくらいなんです。

スタイルも抜群だし、これで2児の母親っていうからすごいですよね。

僕は男ですが、純粋にかっこいいなと思えたし、純粋に尊敬できるなと思えるんですね。

アンフェアの役柄でも、何度もなんども裏切られて、でも、自分の芯を曲げない強い女の人を演じられています。まさに篠原涼子にぴったりな役柄なのかもしれませんね!

ちなみに今回の映画でもそのスタイル抜群な篠原涼子が引き立たせるようなシーンがありました〜

それもお楽しみの一つですね!笑

アンフェアなのは誰か?

僕はこの映画を見終わって、今思っていることは、”アンフェアなのは誰か?”というこの問いは社会や個人に向けて発信されているものなのではないかと感じています。

世界中のあっちこっちでアンフェアなことが起こっていますよね。

裕福すぎる国があれば、明日の命もわからない人がいる国がある。

そんなアンフェアな世界に対する警鐘がこの映画だったりするのかな〜と想像力を飛躍させまくって考えていました。
 

実はアンフェアってもともと小説から生まれているんです。

小説は映画とは又違った世界観を持って進んでいくらしく、とても面白いとの声も上がっています!

先ずは小説読んでからっていう作戦もありですね〜

僕は先に映画みちゃったんで、後から小説を読みたいと思います!

映画は見返しておくといいよ!

最終回みて、”うわ〜前回の見返しといたらよかった〜”って感じになったんです。

Amazonでサクッとワンクリックでみれちゃうので、こちらかもどうぞ〜
 

ps.巷ではEXILEのAKIRAの大根役者的演技が噂になっていて、アンフェアに出演ということに対して批判もあったそうですが…実際僕がみた感じだと、超役にはまっていて、不自然な感じがとってもよかったです笑

SNSでも発信しています!



もう時代はSIMフリーでしょ!




人気記事はこちら!

【警告!】酒の飲み過ぎに注意!蕁麻疹が体に出始めたら警告信号

最近の記事はこちら!

高知市に安すぎるピザ屋さん発見!!!しかも美味しい!25センチ380円!?

京都、気仙沼、高知に住んでみて思った、移住するときに考えるべき3つのこと

おすすめ記事

「本当にお酒に強い?」9種類のパターンに分類し検査してくれる遺伝子検査をやってみた結果…

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件

このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから