【高知・酒蔵巡り・地酒】昔からの伝統的な作り方を残している蔵があった。桃太郎酒造ではなく、文本酒造

2015.06.19

サラリーマンで月10万円稼ぐ方法

酒蔵巡り第十六弾は”桃太郎”を看板酒とする文本酒造

順番は実際に酒蔵巡りをした順番取りにしています。この記事で高知県のうまい”食”とうまい”酒”を少しでも伝えられたらな〜と思って書きます! 

今回の酒造巡りのルールは

①アポは着く直前。

②1蔵1本以上4号瓶を購入。

③蔵を見せてくれなくてもとりあえず行ってみる。

です!こんな感じの酒蔵巡りがどうなったのか、ハイライトでお送りします!

桃太郎?酒造?

スクリーンショット 2015 06 19 22 04 16

四万十町内が桃太郎でいっぱいになっていました。笑
 

DSCN6885

桃太郎と酒ってあんまり接点ない感じしますが、
 

DSCN6886

こちらの酒蔵が”桃太郎”を看板酒にしている”文本酒造”です!

※桃太郎酒造ではありません。

昔からの伝統的な作り方

DSCN6887

蔵見学も快く受けてくださり、色々と見せていただきました。

その中でも一番びっくりしたのが、
 

DSCN6888

この機械!これは酒を絞る絞り機ですが、普通は全自動の機械をほとんどの蔵は使っています。しかしここの蔵は昔ながらの”フネ”という絞り機を使っていました。

上から板を押し付けて絞る機械です。

現在ではほとんど使っているところがない中でいろんな昔ながらの道具を使って、こだわって作っていらっしゃるそうです。
 

DSCN6891

これがフネの上に乗せて、圧縮する板ですね!
 

DSCN6894

あとは木造りの樽もありました!すげ〜!

社長は高知県の18蔵の中で売り上げは18番目だと言っておられましたが、こうして昔ながらの伝統を残している蔵にはすごく魅力を感じるし、ファンはしっかりいるんじゃないかと思います。

これからがまだまだ面白くなりそうな蔵ですね!

社長が優しすぎる!

DSCN6900

蔵見学のあとはもちろん試飲をさせてもらったんですが、気さくに色々と話ししてくれるし、

なんと、瓶のお酒まで頂いてしまった!!!
 

DSCN6911
DSCN6912
DSCN6921

この3本はいただきました!

若いのに酒に興味を持っているなんて偉いとかって褒められまして!笑

ほんで、こちらを購入!
 

DSCN6915

なんだか、テンション上がってしまって、大吟醸買ってしまいました!笑

基本は甘口のお酒ですが、味にふくらみのあるうまい酒です!すごく飲みやすいですね。

インターネットでも販売しています!

直接販売が多いのでインターネットで買えるのは少ないですが、ぜひ、おためしあれ〜

まとめ

感想

とにかく社長さんが優しい!酒造りに関しても色々な知識を学べるし、伝統的な作り方をしている蔵もそうないので、一度直接行くことをお勧めします!

蔵見学有無:あり

試飲:あり

直売所:あり

住所:高知県高岡郡四万十町本町4-23

電話:0880-22-0039

その他:近くに水車亭といううまい芋ケンピのお店あります!

さあ、早速行ってみよう!

SNSでも発信しています!


【特集】酒蔵巡り

【高知・酒蔵まとめ・地酒】高知にある全18蔵を回って飲み干した。たっすいがはいかん!高知県の酒蔵の特徴をまとめてみた

一蔵目:【高知・酒蔵巡り・地酒】高知の山奥で密かに続けられる酒造り、土佐の歴史を語る酒”桂月”。土佐酒造

二蔵目:【高知・酒蔵巡り・地酒】水質日本一を誇る仁淀川を望む川沿いにある。蔵っぽくない酒蔵。高知酒造

三蔵目:【高知・酒蔵巡り・地酒】歴史の深い酒造りの町佐川町。全国トップレベルの酒造りがあった!司牡丹酒造

四蔵目:【高知・酒蔵巡り・地酒】社長さんが気さく過ぎて一瞬で好きになった!山田太鼓がオススメ!松尾酒造

五蔵目:【高知・酒蔵巡り・地酒】スッキリ爽やかな夏にもってこい、ショウガベースのお酒も!文佳人がうまい。アリサワ酒造

六蔵目:【高知・酒蔵巡り・地酒】飲んで飲んで飲みまくれ!試飲で酔っ払える高知市内の酒蔵があった。酔鯨酒造

七蔵目:【高知・酒蔵巡り・地酒】東の端に若い人も飲みやすい日本酒があった!美丈夫、濱川酒造

八蔵目:【高知・酒蔵巡り・地酒】県内でも幻の日本酒と呼ばれる、数量限定のお酒があった。南酒造場

九蔵目:【高知・酒蔵巡り・地酒】高知県を代表する銘柄”土佐鶴”。辛口のどぎつい酒からフルーティーな酒まで。土佐鶴酒造

十蔵目:【高知・酒蔵巡り・地酒】リキュールが主体の酒蔵?いやいや、日本酒もやってます!菊水酒造

十一蔵目:【高知・酒蔵巡り・地酒】手作りのこだわりの酒。阪神タイガースファン御用達の安芸虎があった!有光酒造

十二蔵目:【高知・酒蔵巡り・地酒】淡々と試飲をさせてくれる。”仙頭の梅酒”、”土佐しらぎく”がおすすめ!仙頭酒造

十三蔵目:【高知・酒蔵巡り・地酒】どろめ祭りでガンガン飲まれる酒。”豊の梅”を生み出す原点を知る!高木酒造

十四蔵目:【高知・酒蔵巡り・地酒 】江戸時代から代々続く歴史深い酒蔵があった。藤娘酒造

十五蔵目:【高知・酒蔵巡り・地酒】全国的にファンの多い栗焼酎”ダバダ火振り”を造る酒蔵。25年ものの古酒もクソうまかった!無手無冠酒造

人気記事はこちら!

小学校から教員目指してて、教育実習行ってから教員になるのやめた理由

脱スマホのススメ。知らない間にあなたの時間は奪われている!タブレット&ガラケーの組み合わせがおすすめ

最近の記事はこちら!

先祖の守ってきた土地を守るのが仕事。生きて行くことと同じように残していく。限界集落で聞いた農業を続けて行く意味が深すぎる





サラリーマンで月10万円稼ぐ方法

このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから