HOME / 面白い人へインタビュー(高知) / 原発事故後の恐怖と不安。目に見えない怖さと戦う人たちの息がつける時間を  高知・のびのび青空キャンプin香美
原発事故後の恐怖と不安。目に見えない怖さと戦う人たちの息がつける時間を  高知・のびのび青空キャンプin香美

2015.05.22

2011年3月11日以降、東北の多くの場所で普通の生活ができなくなった人たちがいた。

そして、今現在も見えない恐怖と戦っている人たちがいる。

高知・のびのび青空キャンプin香美

スクリーンショット 2015 05 22 10 57 30

今回で第4回目の開催となるこのイベントは震災後原発事故の不安と恐怖で高知に移住してきた方たちで始められました。現在は高知にもともと住んでいたお母さん、避難してきたお母さんたちが協力あってこの活動を続けられているそうです。

約一週間のプログラムで福島(を含む東日本地域)に住む親子連れを対象にのびのびと遊んでもらったり、体験してもらうイベントで、毎年20〜30名の親子連れが参加するもので、

なんと場所は香美市にあるほっと平山!!!!ここ、めっちゃ行きたいんですよね〜最近ピザ釜をなおしたりして、焼きたてピザ食べられるらしいです。笑
 

今年度の募集も5月25日(月)から開始されるようなので参加希望、ボランティアで関わりたいなどあれば、お問い合わせください。
 

高知・のびのび青空キャンプin香美

息継ぎをしたい

主催団体であるボランティアグループ「えんじょいんと香美」のメンバーにこの活動を行うことの意味や想いを伺うと、
 

福島の原発問題に対しては様々な見方や意見があって、何が正解かとは明確に言うことはできません。ですが、はっきりしていることは小さな子どもをもつお母さんたちにとって、食べ物への恐怖、飲み物への恐怖、見えない放射線に対する恐怖があることです。だから、日々食べ物をどうやって手に入れるか。水は水道水ではなく買ってきた水を使うとか。不安で考えることをやめられない状況にあるんです。

スクリーンショット 2015 05 22 10 57 57

高知県に来ると、みなさん真っ先に水道水を飲まれる光景を見ます。福島では水道水を飲むということに対しても恐怖を感じている人は少なくないのです。

スクリーンショット 2015 05 22 10 57 44

安心してその土地の食べ物を食べられるということが普通じゃない世界がそこにはあるんです。だから私たちはそんな親子に一瞬でも”ほっと一息”ついてもらえる時間を作れたらいいなと思って活動を続けています。

この活動を通して、どんなことを感じていますか?

2回目(2013年)を終えた頃でしょうか、一瞬の安心感に意味があるのか。また福島や関東などに戻って辛い生活が待っているんじゃないかって考えて、私たちの取り組みが逆に辛さを味わわせているんじゃないかと感じることもありました。でも、ある参加者のお母さんが”こっちにきて息継ぎをさせてもらっている。また一年間頑張れる”と言われた時には胸が苦しくなる思いでした。私たちがやっていることは間違いではなかったんだと思えました。

同じ日本で片やのびのび暮らせて美味しい食べ物を安心して食べられる場所。片や見えない恐怖と戦いながら不安が消えない生活をおくる場所。このようなありえない状況が今の日本の現状なんです。

不安”とか”恐怖”を少しの時間とりのぞける時間を作る。本当に必要な活動だと思います。

食や水に対しての不安だけではなく。放射線に関しても、”問題ない風評被害につながるから言うな”という人もいて、”不安”を抱えていても話すことができないような状況が生まれているともおっしゃっていました。このような環境下で暮らす人がどれほど辛い状況なのか。私たちにはわかりません。ですが、一瞬でもそんな”不安”から解放される時間を作ってあげたいんです。

クラウドファンディングへの挑戦!!!

スクリーンショット 2015 05 22 10 58 32

この活動も今までは寄付金や支援金、補助金などで賄われてきたものの、今年は資金不足が深刻になてきたそうなのです。震災直後は多くの寄付金が得られたものの、今ではその4分の1にも届かないような状況があるそうです。

そこでどのような方法で資金を集めようかと考えた時に思いついたのがクラウドファンディングというインターネットを使った資金調達でした。

クラウドファンディングに関しては僕も挑戦していたし、何本か記事も書いているので参照ください。


クラウドファンディングという資金調達の方法


高知県の山奥に日本のマチュピチュがあった

クラウドファンディングっていうのは近年流行っている資金調達の方法でイメージはふるさと納税みたいな感じだと思ってもらえるといいでしょう。支援した金額によって引換券という形で自分たちにも帰ってくるものがあるんです。

このプロジェクトでの返礼品は素晴らしいので、みなさんぜひ買ってください!

10,000円の支援だと

スクリーンショット 2015 05 22 12 00 06

30,000円の支援だと

スクリーンショット 2015 05 22 10 58 08

など食にこだわった返礼品が用意されています。しかも、添加物を使用していない、農薬を使っていないなど、手間暇かかったものがいただけます。美味しく支援なんて素晴らしいですね〜

同じ日本で起こってる状況を指をくわえて見てるんだったら、美味しい思いして支援しちゃおうってことですね!!!
 

さあ、まずはページへどーぞ!

高知・のびのび青空キャンプin香美2015を成功させよう!!!

スクリーンショット 2015 05 22 10 58 32

福島の親子を高知に招き、自然の中でのびのび遊ばせたい!

SNSでも発信しています!


人気記事はこちら!

小学校から教員目指してて、教育実習行ってから教員になるのやめた理由

大学生よ。地域に家を作れ!

最近の記事はこちら!

【特集】高知の素晴らしい景色まとめ 

おすすめ記事

「本当にお酒に強い?」9種類のパターンに分類し検査してくれる遺伝子検査をやってみた結果…

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件

このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから