HOME / 面白い人へインタビュー(高知) / 【短編】20代は視野を広げるために生きたいんです。山籠り大学生、野尻幸彌
【短編】20代は視野を広げるために生きたいんです。山籠り大学生、野尻幸彌

2015.04.14

僕は、色んなこと知りたいんです。20代のうちにいろんなことして、いろんな場所に行きたいんです。

 

大学時代の後輩の野尻幸彌(のじりこうや)を紹介したいと思います。

だいちさん、みてください!みてください!と持ってきたのは彼が今年の冬に獲った鹿の皮をなめしてできたもの

IMG 0115

山暮らし、大学生

昨年の春、初めて野尻の家に行きました。

大学一年生の時から知っていて、2年くらい連絡取ってなかったのに、なんのきっかけか急に連絡とって会いに行くことになりました。

おもしろい生活をしているという話は聞いていたものの、想像できることしか考えてませんでした。まあ、予想通り想像をはるかに超える生活でした。笑

IMG 0127

「いらっしゃいませ!」と元気良く言ってきた野尻の家の庭にはあの有名なアニメ「アルプスの少女ハイジ」を想わせるブランコが

IMG 0126

そして、もくもくもくもく煙があがるその脇から

だいちさん、こっちです!

その声は聞きなれた野尻の声でした。

IMG 0113

ごーごーという音とともに野尻は槙を火の出る暖炉のようなものに入れていました。

なにしてんの?

いや〜、だいちさんくるんで槙の風呂に入ってもらおうと思って、沸かしてました!

彼の衝撃の生活を見た瞬間でした。

※注 大学生です。ここから大学通ってます。

衝撃の生活①育てる

今回は彼にいろいろ聞こうと思って、きたのですが、もう、生活が圧巻すぎて度肝抜かれました。

野尻は鶏も買っています笑

IMG 0134

じゃあ、ちょっと恵みをいただきましょうか!

巣の中を見ると生みたての卵が!!!

IMG 0125

こいつはどんな贅沢な生活をしてるんだ...

羨ましすぎる。

そのまま外で火を焚いてゆで卵にしました!

IMG 0128

ほんとにおいしかった。心からおいしかった。

食べ物を食べるという本当の意味を教えてくれた瞬間でした。

強烈な生活②狩る

彼は自分の住んでいる山の猟の解禁と同時に罠猟をしています。

そこで撮ってきた肉をたまにお土産として持ってきてくれます。

イノシシとか鹿って実は今多すぎて、獣害とかっていう問題もたくさん起こっているんです。だから、県も補助金を出して、 狩った人に対して報奨金を出しています。僕も今年はイノシシ2頭、鹿2頭を獲りました。

僕自身も今年狩猟免許を取って、来年から狩猟を習おうと思っているので、すごく刺激になります。

ちなみに高知県では高知県猟友会という団体が講習会などを開催してくれています!

野尻もそうですが、僕自身も狩猟をすることに関して生き物の命を奪う。そんなことできない。その生き物も必死に生きてて、そんな命を奪うことはできない。

そんな風に思っていました。

でも、そしたらスーパーで買って食べる豚肉は?牛は?鳥は?魚は?誰かが殺して売ってるものだったらいいの?という疑問が生まれてきます。

そして、現代の鹿の数が昔以上に増えたのにも我々人間のエゴイズムがあると言われています。例えば、ニホンオオカミを絶滅させてしまったことにより、鹿を狩る天敵がいなくなり、そのため鹿の数がとても多くなってしまったということがあります。

狩猟と山の環境についてこんなことを書いている人もいました。

狩猟がいなくなる?

狩猟を通して日本の山をみる

決して野尻の生活が野蛮なわけではなく、僕たちがこんなことを知らないことに原因がある気がします。

IMG 0114

そして、現在彼は肉は美味しくみんなで頂いて、皮をどう使おうかを思考錯誤しています。

みなさんのアイデアを募集しています。また協力者も募集しています。

ぜひご連絡ください^^

野尻にとってこの生活とは?

IMG 0132

野尻は、なんでこんな生活しようと思ったの?

いや〜よく聞かれるんですけどね。たまたま会った人がたまたまここに住んでて、その人がたまたま出るからそれを受け継いだだけなんです。

いや、でもこの生活を普通したいと思う人はなかなかいないと思うよ。ましてや、学生で!笑

こんな生活すごいねとか言われますけど、僕はすごいからやってるんじゃなくて、ここの生活が単純に楽しいからやってるんです。この生活で何得れますか?とか聞かれますけど、小学生が野球やったり、サッカーやったり、好きでやってるじゃないですか。同じように僕も好きでこの生活やってるんです。趣味です!趣味!

なるほどな〜。趣味ね!笑

まあ、普通に田舎好きなんですよ。昔から田舎のおばあちゃんちに行くのとかめっちゃ好きやったんで。

好きなことをシンプルにやっていってるだけなんやね。お前らしくていいわ笑

人生は旅みたいなものなのかな〜

野尻は実は大学1年生終えて、1年休学をしてオーストラリアをチャリで半周するといいう旅をしたり、チャリで日本縦断したりして、今の生活になってるんです。

野尻の好きなことだからとか、視野を広げたいとかそんなことをずっと実践してきているんだなと思います。本当尊敬する存在です。

実はそんな野尻と一緒に旅冊子を作りました!

IMG 0163

全て手作りです笑

IMG 0164

こうして自分のしてきたことを形にすることもとても大事だと思います。

周りにこうして、自分に正直に生きている奴がいてくれると僕もこのまま進んでいいなと思えます。

よく野尻の家に行くのでぜひみなさんも一緒に行きましょう笑

SNSでも発信しています!


クラウドファンディングやってます!

Content 7cd60ba14dba1f335bd6e8be61aea7a47117b183

高知の荒地でシャクヤクを600本咲かせ、限界集落を憩い集落に

人気記事はこちら!

小学校から教員目指してて、教育実習行ってから教員になるのやめた理由

大学生までは社会の作った箱の中。

最近の記事はこちら!

高知の山奥で開かれたお花見が田舎離れしすぎてて、移住を本気で考えた

おすすめ記事

「本当にお酒に強い?」9種類のパターンに分類し検査してくれる遺伝子検査をやってみた結果…

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件

このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから