HOME / 面白い人へインタビュー(高知) / 地域×大学。高知大学の学生が足湯でコミュニケーション
地域×大学。高知大学の学生が足湯でコミュニケーション

2015.04.08

大学って入りにくいんよね。朝倉の中に住んでても、大学生のアパートとかはなんか別みたいで、ゴミの分別かとも教えようと思っても怖くて話しかけれないし。

一緒の場所にあるのに隔離された空間

僕も現在地域の方とのコミュニケーションを取りやすくするため、学生と地域の方が気軽にコミュニケーション取れる場所をということで、3人のシェアメイトと共にシェアハウス「お茶っこ屋」に住んでいます。
 

IMG 0151

そこに住んでいるメンバーの一人、伊藤創平が主体となって取り組んでいる「足湯カフェ」に行ってみました。そこは高知大学の敷地内にある「おうちクラブ」という交流スペースで、今の時期は桜が綺麗に咲いて、とてもいい場所です。(すこし散ってるけど笑)

年100回の開催を目指しているこの取り組みですが、どのような目的があってやっているのか、聞いてみました。
 

11144660 594246300679098 1516479255 o

ニヤつきながら答えてくれたのがお茶っこ屋のメンバーである伊藤創平です。

いつからこの活動を始めたの?

今年からだよ!年100回の開催を目指してる。

学生はどんな人が関わってるの?

地域に関わる学生が主体だね。高知大学学生ボランティアセンター、防災すけっと隊、ほたる飛ばし隊とかのメンバーが関わってくれてる感じ!

地域の人はどんな人が来るの?

まあ、普段地域の取り組みとかでお世話になってる人とかがメインで来てくれて、その周りの人を呼んでくれてって感じだね。

この活動を始めたきっかけは?

お茶っこ屋もそうだけど、地域の中でのコミュニティーの場をどうコーディネートするかって考えて、こういう取り組みの輪が広がっていくことで、地域と大学が少しでも近づいたらと思ってる。地域の人も大学に入りにくい、隔たりのある空間のように思ってる人がいるみたいだ
し。

IMG 0883

普段コミュニケーション取っていない人とコミュニケーションのハードルをさげるには?

高知大学学生ボランティアセンターのメンバー川野に話を聞いてみた。

11144679 594246297345765 354206276 o

川野はこの取り組みをする意味ってどう考えてる?

足湯をしてもらいながら、手のマッサージをさせてもらうんですけど、それをすることでコミュニケーションが取りやすくなるんです。ボディタッチすることで心を開きやすくなるんですかね?

川野はなんでこの活動をやってるの?

やっぱり、学生のときだからできることかと思うんです。だから、いろんなことに挑戦しようと思っています。

実際にやってもらった!

ここに足を入れるの?

1070452 594246267345768 641295379 o

そうです。入れてください。気持ちいですよ!

おおおおお!やばい!気持ちい笑

11137714 594246274012434 2015498566 o

確かにボディタッチされながら、「最近はどうですか?」みたいな感じで聞いてもらったら確かに嬉しいし話してしまうな〜と思いました。

新入生も来てたので聞いてみた!

11129679 594246304012431 778624228 o

手浴どうでしたか?

気持ちよくて眠くなりました。でも、最初緊張してたけど、コミュニケーションが取りやすくなりました。

大学ってどんなとこなの?って感じの子もこうしてゆっくり話を聞いてくれる先輩がいることはすごくいい機会になるんだろうなと思いました。

地域と大学ってすごく近いのに全然コミュニケーションとれていないのが現状なんですよね。でも、学生もアパートに住んで生活しててもなかなか地域の方とのコミュニケーション取れる場もないし…

高知大学にも今年度から地域協働学部が開設されました。

これからの動向が楽しみですね!僕も情報発信していきます。

ふらっと高知大寄ってみてはいかがでしょうか?

SNSでも発信してます!


クラウドファンディングやってます!

Content 7cd60ba14dba1f335bd6e8be61aea7a47117b183

高知の荒地でシャクヤクを600本咲かせ、限界集落を憩い集落に

 

おすすめ記事

「本当にお酒に強い?」9種類のパターンに分類し検査してくれる遺伝子検査をやってみた結果…

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件

このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから