HOME / その他 / 自分の頭を整理すると見える世界が変わってきた
自分の頭を整理すると見える世界が変わってきた

2015.04.04

先日、1泊2日で合宿を行ってきました。

ACTON

どんな合宿かというと、僕が去年の4月に立ち上げたACTONという団体で社会人、大学生、高校生が対等な立ち位置で話ができるという場を作り、それぞれのACTIONにつなげていこうというものです。

なんとも説明しにくいが、なんとも不思議といい空間ができあがる。

そして、今回は僕の学生最後の日をACTON合宿で迎えようということで1泊2日の合宿を開催しました。

遠いところでは長崎や東京からはるばる参加してくれた人もおり、総勢30名ほどでの合宿となりました。

20492 687494158043991 89044304940710491 n

自由人は学生みたいな企画も平気で参加できるし、主催できるのでいいですね。自由の特権


まあ、今回の企画のテーマは「表現すること」というざっくりとした感じですが、とにかく参加者には表現してもらう場を作ろうということで2日目に1人5分プレゼンという時間を作って、みんなに表現してもらおうと考えてました。

1日目にいろんなワークショップを通して、気づき考えたことをさらけ出す。

11083599 687494428043964 5611299517930925245 n

そんな場になったらいいなと考えていました。

人に想いを伝えることで、自分自身を知る。

2日目のプレゼンはみんなそれぞれのやり方で、順番も決めず、自分のタイミングで。

おもむろに手を挙げた人からなんとなく始める。これは自発性を引き出して心の声をより鮮明に発してもらうためなのです。

今回の合宿にスピーカーとしてきてくれたファシリテーターの古瀬正也、通称まーぼーさん

人の話すのを、自然に出てくるのを待たないといけない。心の準備とか頭の整理とかにかかる時間は人それぞれだから、みんなは決断しようとするのがはやい。意見や質問はじっくり待って、出なかったらそれはそれでいい。

そんな感じで一人一人自然と出てくる。軽い声かけはするけど、基本は自分の意思。

11133742 687498391376901 846952518891413728 n

すると不思議と自分の心の声をしっかり伝えようとしてくれます。

聞いている側も1日一緒に過ごして、夜も語って、そんな時間を過ごしている仲間の声をしっかりと受け取ろうとします。

11096548 687498694710204 5636735560787853513 n

表現の仕方もみんなそれぞれ。

それがすごく良くて、面白い。

そして、みんなの前で自分の話をする人も自分自身の頭の整理につながる。

10471198 687498884710185 5575087368230099668 n

僕はナルシストだということがわかりました。わかってたけど、それを隠そうとしていた自分がいました。でも、こうしてこんな自分でも受け入れてくれる人がいるから僕は存分にナルシストでいます。

こんな人も自然と出てきました。

僕はやっぱり、自分のことを人に話すことで自分自身が整理され、自分が心に引っかかってる骨みたいなものを取り除いてくれるのではないかと思います。

この場で僕自身も自分の事について、さらけ出すことができました。

こんな場を一緒に作ってくれたみんなに感謝。

〝世界ってこんなにも明るいんだ〟と思えました。

何かに悩んだり、ぶつかったり、動けなくなったときほど、それをさらけ出せる相手や環境が必要なんだと思います。自分だけで悶々と考えていても答えの出ないことばかり。もしかしたら、もともと答えなんてないのかもしれないと最近思えるようになりました。
 

10922813 687588784701195 4726430259165434979 n

もっともっと、こんな表現できる場が増えたらいいのにな〜

著者について

ツイッター:123Vaal

フェイスブック:daichi.yano.9

クラウドファンディングやってます!

Content 7cd60ba14dba1f335bd6e8be61aea7a47117b183

高知の荒地でシャクヤクを600本咲かせ、限界集落を憩い集落に

 





おすすめ記事

サラリーマンをしながらでも、ブログで月に10万円を稼げる方法

【就活生必見!】自分の進路を考える上で大切にしたい3つのポイント

諦めることに対してネガティブじゃないですか?生まれつきが99%!?為末大さんの「諦める力」が的を射すぎている件



このブログの運営者

矢野 大地 (やの だいち)


NPO法人ONEれいほく代表理事
月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。
詳しいプロフィールはこちらから